now sara

NOWSARA眞子桂子

眞子桂子さん【NOW SARA vol.24】埼玉県在住|統合美容とアピアランスケア専門サロン運営

美容・健康・ボディケア
  • 2020.09.18
  • 143 views

統合美容とアピアランスケア専門サロン運営に携わる眞子桂子さん

統合美容とアピアランスケア専門サロン運営に携わる眞子桂子さんに、今頑張っている女性として、インタビューを行いました。
NOWSARA眞子桂子

簡単な生い立ちをお願いします。

幼少期、見た目に関するいじめにより綺麗になることを目指して、18歳の時に美容学校へ。セミナー等にも通い、美容師の知識を深める。そして、子育てと身内の介護経験で、仕事は家庭を優先にできる飲食店などの短時間業務に携わる。その後、過労により倒れてしまい、自分の病気により療養期間を設ける。

この仕事・活動を始めたきっかけは何ですか?

30代の時に、勤務先のサロンで高齢者と出会い、それがきっかけで介護美容に興味を持った。いつまでも健康で美しく過ごせる為には美容が深く関係していることを認識した。そして、私が病気により死というものに直面し、その後自分の心を取り戻せたことが発端となり、介護美容について学び始めた。

この仕事をするまで、今までどのようなことを積極的に行っていましたか?

トータルケアが出来るように、介護・心理・セラピスト系の資格、認定証の取得を20資格程度行った。健康に関する講座やセミナーへ参加した。40歳過ぎて約1年アパレルショップ店員として働く。同時期にボランティア活動(美容療法)を始めた。また、がん治療に伴う副作用の勉強も行った。
NOWSARA眞子桂子

仕事内容について教えてください。

統合美容(老齢の方、介護状態の方のシニア美容を指す)でご家族をまるごとサポートする訪問美容と、病気(がん治療)やケガによる見た目の悩み相談室であるアピアランスケア専門サロンを運営している。健康情報、例えばストレスを改善するタッチケアや呼吸法等も教える。

最初の仕事の思い出は?

独立時は無名だったが、介護職相談員の経験があったためその経験を生かしてお客様への告知や集客のホームページ作成、営業を行った。特にホームページは自分が伝えたいことが伝わりやすいように見やすく作成した。また、名刺作り、慣れないパソコン作業を1か月くらい続けた。
NOWSARA眞子桂子

ある1日のスケジュール

朝、子供たちを学校へ送出する。
午前:訪問美容2件
午後:ボランティア
夕方:サロン
子供が帰宅し宿題を確認後、夕飯準備を行う。
夜:WEB会議で打ち合わせ

始めたばかりの頃の苦労話

地域柄、訪問美容に馴染みがなく営業先で門前払いされることもあった。訪問美容だけでは収入が少ないため、掛け持ちのアルバイト(家事手伝い)を行った。当初は相談できる先輩や仲間がおらず、前例のないことは手探り状態で調べた。とにかく前例が無く、一人で考えないといけないため辛い時期もあったが、学んでいた心理学の知識を生かして、精神的に追い詰められないように努力した。

仕事中の失敗談と乗り越えたエピソード

前かがみのシャンプーが苦手で、訪問先でお客様の洋服を濡らしたことがあり、道具を増やして日々練習に努めた。
また、希望のウイッグが用意できないことがあったため、事前のカウンセリング(電話相談時に要確認)当日までに手配するように努めた。

この仕事のやりがい・よかったこと・嬉しかったこと

好きなことを仕事にできたと思う。
ある日、乳がんで脱毛した女性のお客様が、似合わせウイッグをしたことで元の自分に戻れたと心から喜び、そして大泣きされた。『普通の生活に戻れる』と幸せそうに話され、体調も大変良くなってお帰りになられた。後日、ご主人から『綺麗になり、改めて惚れ直した』と言われたそうで、ご夫婦で喜べたと連絡があり、私も大変嬉しかった。
NOWSARA眞子桂子

この仕事の苦労・大変なこと

起業1年目に仕事用の車が車上荒らしにあい、その日に限って、仕事で必要なお金等を銀行から引き出して車内に置いていたため、殆ど全財産無くした。さらに車の鍵も壊されており、廃車せざるを得ない状況になった。個人事業で何の保証も無く、そのため預貯金も無くなり困った。他には、緊急の対応に追われスケジュール調整が難しいことが多々ある。

自分が成長したと感じる時

1年目でリピーターのお客様がついてくださり、安心感が出てきた。また、何があっても自分を信じる力がついた(努力は報われ乗り越えられた経験により)。要望に応えられるようになり、口コミによる紹介が増えた。また、介護の会議に参加できるようになった。セミナー、講演会依頼もあり、人前で話すことが苦手でも、少しずつ克服できるようになった。学ぶ側から教え伝える側になれたことが成長したと感じる。
NOWSARA眞子桂子

仕事を続けるために努力していること

夢ノート(計画書)を書いている。人生最後の美容を受けるお客様へ最高の仕上がりになるように、技術磨き、日々勉強に努めている。そして、自分磨きも行う。また、自分と家族のための時間作りも行う。

この仕事に対するこだわり

お客様へ安心・安全を提供すること。 お客様との信頼関係を大事にすること。 訪問の場合は、特にご本人様とご家族の方のケアに徹底し、家族に負担をかけずに行うこと。(=家族まるごとケアの訪問美容)
相手も私も笑顔になれるコミュニケーション作りを行うこと。

この仕事をする際に気を付けていること

TPOに合わせ洋服を変えること。
私自身が楽しく元気でいること。
相手の立場になって考えること。
訪問の場合は忘れ物に気を付けること。

世間にこの仕事をアピールする方法

地域イベントに参加すること。
SNS、口コミ、実績(病院、介護施設との連携)による独自の取組を行うこと。病院・介護施設等でポスターを貼ってもらえたことも。
商標登録の取得で独自の美容法を伝えること。
絵本「人生の宿題~その先にあるもの~」の出版(2020・4・17発売)も行った。

いつも仕事に持ち歩いているもの

携帯・手帳・フリスク

仕事とプライベートの両立で工夫している3つのこと

学校行事が好きなので必ず参加すること。
定期的に家族会議を開催すること。
一人の時間を作ること。
NOWSARA眞子桂子

日常生活で意識していること

嫌いなことはしないこと。
感謝のこころを持ち、ありがとうを言葉にすること。
綺麗なものを見たり、楽しい話題になることを見つけること。

頑張れるモチベーションの見つけ方

家族、仲間や友人から褒めてもらうこと。

アピールポイントはありますか?

今まで多くの様々な経験をしてきたこともあり、困ったときに思い出してもらえる、よろずやのような存在である。例えば、保険関係、LINEの使い方等、生活に関する些細なこともサポートできる。
アンパンマンのように、「会えば元気になれる!」ようなキャラクター。
笑顔の伝道師!

仕事以外で夢中なこと

TVのエキストラ(いつもとは違う環境に自分を置くことができ、違う視点で物事を見ることができる)・神社巡り(神社の雰囲気・その場の空気を楽しむ)

今後の目標を教えてください。

今までの仕事をベースを大事にしつつ、今後も見た目で悩みを持つ女性の方が一人でも少なくなっていく活動を様々な形で取り組んでいきたい。教育指導や、講演活動などでも伝えていきたい。

今後挑戦してみたいことは?

美容専門家(評論家)。一般の方向けに、介護・医療連携で生きがいづくりやサポートができるように育成。

今目指している人に伝えたいこと・応援メッセージ

家庭の事情によってあきらめた夢や人生で何度失敗したとしても、自分を信じることが大事である。 自分を大切に思い、心の声を聴き、なりたい自分像を作ると、夢に一歩近づける。 「自分は何が好きなのか?得意なのか?」を考え、やってみたいと思うことに興味を持ち、それを行動にできれば、輝く女性への一歩になる。

毎日欠かさず行っている健康テク・ボディケア

いつも緊張しているので、それを緩めるケアで、体のコリ塊を緩める呼吸法を行う。

おすすめのストレッチ(ボディケア)方法

入浴時にセルフリンパケアを行うこと。足の指を開いてセルフメンテナンス等。

ストレッチ(ボディケア)を続けていていいと感じた効果はありますか。

ストレス解消ができ、良い睡眠がとれる。また、ダイエットが成功して、イベントの企画で東京ドームのステージで特別賞を頂いたことも。
活動内容

眞子桂子さんの活動内容を知ろう!

NOWSARA眞子桂子
NOWSARA眞子桂子
統合美容(老齢の方、介護状態の方のシニア美容を指す)で家族をまるごとサポートする訪問美容と、病気(がん治療)やケガによる見た目の悩み相談室であるアピアランスケア専門サロンを運営している。

プロフィール

NOWSARA眞子桂子
眞子桂子

治療に伴う脱毛や円形脱毛症・肌の変化で見た目・容姿などへお悩みをお持ちの方専用サロンを運営している。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中