now sara

大窪 由佳さん【NOW SARA vol.74】東京都在住|ブランネージュ化粧品 広報

美容・健康・ボディケア
  • 2021.02.24
  • 252 views

★ブランネージュ化粧品 広報の大窪 由佳さん

オリジナルスキンケア「ブランネージュ化粧品」の企画・販売・営業・広報・総務など、幅広い業務を日々行っている大窪 由佳さんに、今頑張っている女性として、インタビューを行いました。

簡単な生い立ちをお願いします。

乳幼児期からアトピー性皮膚炎やひどい全身の汗疹などに見舞われ、中学生の頃は全身湿疹。ずっと肌には悩まされていましたが、母が私の肌にしっかりと向き合ってケアしてくれたことが忘れられません。そして、高校1年生になった頃、母がブランネージュ化粧品を創業。その頃からピタッとアトピーのような湿疹がでなくなり、肌が健康になりました。

この仕事を始めたきっかけは何ですか?

アトピー肌だった私達(娘)のために母が作ったスキンケア製品の会社のため、社会に出たらいづれ一緒にお仕事をしたいと考えていました。創業は神戸・御影で、阪神淡路大震災の後に大丸神戸店へ出店となりましたが、そのご縁により、私が新社会人になって1年後に、大丸東京店に出店が決まり、その時点で私が母の会社へ入らせていただき、売場の店長となってお店を任される立場になりました。

仕事内容について教えてください。

オリジナルスキンケア「ブランネージュ化粧品」の企画・販売・営業・広報・総務など、幅広い業務を日々行っております。

最初の仕事の思い出は?

未経験の自分が、百貨店の化粧品売場に出店とともに美容業界でお仕事することになり、過酷な化粧品売場で大手ブランドの皆様と一緒に売場に立った時は、開店から閉店まで休みなしで全力で働きました。

始めたばかりの頃の苦労話

肌の知識、化粧品の知識は、母の見よう見まね。手探りの中でも必死で勉強をして、お客様にご納得・信頼していただけるようにしながら、未経験で店長になり、スタッフ育成と百貨店とのやり取りにとても苦労しました。

この仕事をしていて嬉しかったこと

肌のトラブルで本気で悩んでいる方に寄り添う努力を何年たっても惜しまず続けることで、お客様に悩みを相談していただけるようになり、悩みが改善して喜んで頂けるようになる、そういう方が増えていくことが嬉しいです。

この仕事に対するこだわり

美容業界は非常に競争社会で、情報の流動性も高いと思いますが、人の体の仕組み・肌の仕組みや働きは変わらないことですので、正しく情報をキャッチして目指していることがブレないようにしています。ブランネージュ化粧品は、アトピーやアレルギーのない社会を目指していること、肌を健康にするためには地球環境を守ることが欠かせない、ということをしっかりと足元に据えて活動しています。

この仕事をする際に気を付けていること

元々ジャンクフード的なものを好んではいませんでしたが、この仕事を始めて、より自然に近い食事を心がけるようになり、添加物や農薬・白砂糖などの摂取を可能な限り控えています。

いつも仕事に持ち歩いているもの

自社のスキンケア製品。1日を通して肌の状態が変化するときにも、すぐにケアできるようにしています。

仕事とプライベートの両立で工夫していること

まだ幼い子供がいるので、本当に限られた時間の中で多くのことをこなさなくてはならないです。できるだけ、オンオフをはっきりさせて、家庭にいる時間はまずきちんとした食事がとれるように努力しています。

日常生活で意識していること

普段の何気ない会話での言葉遣いや表情を意識するようにしています。お客様や取引先様との会話の中で、自然と品がある言葉遣いが出るように心がけています。また、柔らかい笑顔で人の話を聞けているか、というのも普段から意識的に取り組んでいます。3食の食事ももちろん意識しています。何を食べた?が自分の心と体と肌を作るので、自分のためだけでなく家族の健康を守るためにも、食生活は重要視しています。

この仕事で最近特に力を入れていること

沢山の人脈をいただいている中でも、自分や会社にとって必要な人脈とコアにつながって、同じ目標に向かって進んでいく仲間を作っていくこと。また、SNSを活用していかに必要としてくださっている方・悩んでいる方に情報を届けられるか、ということも力を入れています。

この仕事を行いたい人が身につけておいた方がいいこと

どのような状況でも相手のことをまず考えられるか、が色々な場面で生きてくると思います。思いやりを言葉や態度に表わしていくことが会社やお客様に信頼されていくことですし、人を想うことが、企画などの仕事内容に表現できるようになると思います。また、丁寧な文字が書けるということも大切です。

今目指している人に伝えたいこと・応援メッセージ

無駄なことは何もないです。遠回りなことも時にはあります。きちんと目標をもって前進していけば、必ず結果は出てくるし、周囲に認めてもらうまでに時間がかかっても信念を貫けば道は開けてきます。

毎日欠かさず行っている健康テク・ボディケア

「人の健康の9割は食事から」と言われます。肌が美しくなるためにも、体が丈夫になるためにも、1日3食の内容が基本。和食を基本にして、あらゆる食材をとりいれ、発酵食品を使って調理をする、ということを一番に行っています。

今まで自分が一番効果的と思った健康食

野菜類を低温スチームでしっかりと甘みを引き出し、お味噌汁にしていただくことと、自家製の糠漬け、お米由来のヨーグルト、こういった腸内細菌を意識した食事が効果的です。海苔は食べるサプリと言われるほどの健康食です。子供が赤ちゃんの時のおやつは海苔をあげていたほど、優れた食品です。

どのぐらいの頻度で手紙を書きますか?

通販の出荷業務ももちろん携わっておりますので、ご注文をくださったお客様へ、毎日沢山お手紙を書いています。

メールなどではなく、手紙を書いた方がよい場合はありますか?

思いを手書きで届けることが相手の心に伝わるようで、喜んでいただけているお言葉をよく頂戴します。お客様はもちろんのこと、営業先・取引先の初めてのお付き合いの方には、手紙でお礼をお伝えするようにしていますし、お世話になっている方へ贈り物をするときは、手紙を添えるようにしています。
活動内容

肌を通して、健康で豊かな生き方のお手伝いを、との願いを込めた広報活動

「乳幼児期から深刻なアレルギーやアトピーなどで、先が見えずに悩むママに寄り添いたい」
「ライフステージが変化する際に深刻な湿疹などで悩む女性に寄り添いたい」
お客様から届くお悩みに真剣に向き合い、解決方法を一緒に考えていく、美容に携わり23年間ずっと続けてきたこの自分のスタイルが、広報としての発信内容にもなっています。

プロフィール

大窪 由佳おおくぼ ゆか

株式会社ユキコスメティックス 取締役
ブランネージュ化粧品 広報
一般社団法人日本環境保健機構認定 環境アレルギーアドバイザー
@コスメ ビューティスペシャリスト

1976年3月生まれ。現在7歳と3歳の母。
身体が喜ぶもの、エシカルな暮らし、ノーファンデ、などナチュラル志向。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中