now sara

小熊 仁美さん【NOW SARA vol.77】 千葉県在住|妊活セラピスト

美容・健康・ボディケア
  • 2021.03.10
  • 506 views

★妊活セラピストの小熊 仁美さん

自宅で妊活サロンを経営しているという小熊 仁美さん。
身体の反射区である足つぼの施術をメインに、妊娠しやすい身体づくりをお手伝いしています。
小熊さんご自身も過去に身体の不調に悩まされたり、不妊治療も経験されているとのことですが、彼女のインスタグラムは役立つ情報だけでなく、これまでの経験や思い等も綴られており、悩んでいる方に寄り添った発信をされているという印象を受けます。
「私のサロンを第二の我が家だと思って欲しい」
そうおっしゃる小熊さんは、確かな技術力と目の前の方にとことん向き合う姿勢で、多くの女性の身体はもちろん、心までもほぐしています。
そんな小熊 仁美さんに、今頑張っている女性として、インタビューを行いました。

簡単な生い立ちをお願いします。

元気で活発な子供だったと思います。
小学生の頃から、父と母がマッサージが好きだったことから、一緒にサロンに足を運び、遊び感覚でマッサージを受けることがありました。その影響で、セラピストというお仕事に対して、意識をするようになったと思います。
高校生の時に生理がなかなか来ず、病院へ行くと、先生から「妊娠がしづらい身体かもしれない」という事を伝えられました。
当時は当たり前の事だと思っていた、「女性が妊娠する」という事。
けれども、それは決して当たり前ではないのだと知り、そこから身体について興味を持つようになりました。

仕事(活動)内容について教えてください。

現在は、自宅で妊娠しやすい身体づくりをお手伝いする妊活サロンを行っています。
施術のメインは、身体の反射区である足つぼです。
例えば、子宮のツボをほぐすだけでも、その働きを活性化させる事が出来ます。
その他にも、オイルトリートメントで、血行の流れを良くし、着床しやすい身体づくりを行ったり、婦人科系の不調が解消されやすいような施術も行っています。

この仕事(活動)を始めたきっかけは何ですか?

20歳の時に身体の不調が多く、肩こりから来る吐き気や、足先の冷え、むくみ、肌荒れに悩んでいました。
そんな時に、母から足裏のリフレクソロジーの先生を紹介され、足を運ぶようになりました。実際に通ってみると、ずっと悩み続けていた肩こりや肩こりから来る吐き気、肌荒れまでもが治り、身体をケアする事でこんなにも体質が改善されるのかと驚きました。更に、体質が変わったことで、心も自然と軽くなり、前向きになることも出来ました。
このように、自分自身の体質が大きく変化したことから、同じ様に悩んでいる方の役に立ちたいと思うようになりました。

最初の仕事(活動)の思い出は?

自宅でサロンを開業する前からセラピストとして働いています。
新卒でセラピストとして入社をして、初めてお客様を担当した時はとても緊張しました。それにも関わらず、そのお客様から「肩がすごく楽になった」というお言葉をいただき、それ以降もずっと指名をしていただいた事は一番の思い出です。
その時に、セラピストはとてもやりがいのあるお仕事なのだと感じました。

ある1日のスケジュール

朝はお客様をお迎えする準備を行います。
特に現在ではアルコール消毒の準備や換気は徹底しています。
一日2名様限定となっている為、午前中と午後でそれぞれ一名様ずつ施術を行うような形となっています。

始めたばかりの頃の苦労話

自宅でサロンを開業する前は、レンタルサロンで施術を行っていた為、お客様からご要望頂いた日にちに予約が出来なかったことはありました。また、レンタルサロンまで沢山の荷物を持って移動する事も大変でした。

この仕事(活動)に対するこだわり

とことん目の前のお客様に向き合うことです。
お客様には私のサロンを「第二の我が家」のように感じていただきたいと思っています。
妊活というと少しデリケートだったりもするので、身体だけでなく、心のケアも行っていきたいと考えています。その上で「相手の話をよく聞く」ということは特に心がけている事の一つです。

この仕事(活動)をする際に気を付けていること

私のサロンには、不妊治療を行ったものの結果が出なかったというお客様にも来ていただいています。
実は、私自身も不妊治療の経験があり、その際に「もっと頑張りましょう」「残念でしたね」という言葉をかけられると胸を締め付けられるような思いをしていました。 そういった事もあり、当時自分自身が言われて苦しかった言葉は、お客様に対しては言わないように意識しています。
また、施術面でいうと、お客様が触れられたときに痛みを感じないように、常に爪のケアは怠らないようにしています。

この仕事(活動)をしていて嬉しかったこと

お客様から「身体も心も変わった!」「出会えて良かった!」という言葉をいただけたり、ご懐妊の報告をいただけた時はとても嬉しいです。以前、お医者さんに妊娠は難しいと言われたお客様から、自然と妊娠が出来たというご報告をいただいた時は、このサロンを始めて良かったと感じました。

世間にこの仕事(活動)をアピールする方法

インスタグラムを通して、サロンのこと、そして私自身のことを知っていただく取り組みを行っています。
例えば、妊活で悩んでいる方に向けたお役立ち情報であったり、私自身が不妊治療や妊活で悩んだ経験、妊活をしている方に向けた自宅で出来るセルフケアの方法等を中心に発信をしています。有難い事に私のサロンに足を運んでくださるお客様の9割以上の方が、インスタグラムから知っていただいたようです。

仕事(活動)とプライベートの両立で工夫していること

自宅サロンなので、気持ちのスイッチを切り替えることは特に意識しています。
例えば、朝掃除をすると「お客様をお迎えするぞ」と気持ちが引き締まります。

日常生活で意識していること

妊活や身体についての本や、参考にしている方のブログはしっかりと読むようにしています。
アウトプットが大切だと思うので、学んだ事は自分なりの言葉でまとめて、インスタグラム等で発信するようにしています。

この仕事(活動)で最近特に力を入れていること

お客様に私のサロンを知ってもらうことです。
また、遠方で来られないという方もいらっしゃるので、その方々に対して、妊活のセルフケア方法の発信にも力を入れています。

おすすめのボディケア方法

最近では自宅にいることが多いかと思いますが、そうすると自然と足はむくみやすくなります。
それにも関わらず、意外と足に関心がない方が多い印象を受けます。
ラップの芯などでも問題ないので、その上にのってみるだけでも、足はかなりほぐれます。簡単なので、是非実践してみてください。

この仕事(活動)以外で最近夢中なこと

実は起業をしたい方に向けたサポートも行っています。
サロンに来てくださるお客様の中には、意外と「いつか独立したい」と思っている方も多く、お仕事のお話しをするのもとても楽しかったりします。

今後の目標を教えてください。

これまでレンタルスペースで施術を行っていましたが、ようやく自宅でサロンを開けるようになったので、世の中が落ち着いたら足裏のリフレクソロジーの技術講座やセラピスト養成講座を行いたいです。
最終的には、現時点では遠方で私のサロンに足を運ぶことが出来ないお客様に対しても、技術を全国的に広げることで、施術を受けられる環境をつくっていきたいと思っています。

この仕事(活動)を行いたい人が身につけておいた方がいいこと

私自身は簡単な解剖学の本を手にとって読んでみることから始めました。
また、様々なサロンに足を運んで施術を受けてみたり、ご家族に見よう見まねでもマッサージをしてみたりと、人の身体に触れるということに慣れておくといいと思います。

今目指している人に伝えたいこと・応援メッセージ

セラピストは直接「ありがとう」と言っていただけるとてもやりがいのあるお仕事です。
是非、少しでも挑戦してみたいという気持ちがあるのであれば、実際に技術を習いに行ってみたりと、少しずつ行動していただけたらと思います。
やる気さえあれば出来るお仕事です!
活動内容

妊活セラピストとして、妊娠しやすい身体づくりをお手伝いしています!

現在は妊活セラピストとして、自宅サロンにて妊娠しやすい身体づくりをお手伝いしています。
足裏のリフレクソロジーをメインに、子宮の働きを良くしたり、婦人科系のトラブル等も解消します。

プロフィール

小熊仁美おぐま ひとみ

柔らか足裏で、授かり体質に!
6ヶ月で妊娠しやすい身体を手に入れる
妊活セラピスト
自身の不妊治療、妊活の経験から
柏市の自宅にてサロンをオープンしました

〜お客様の変化〜
★自然妊娠は難しいと言われてたのに、足をほぐして自然妊娠!
★排卵誘発剤を飲まないと排卵しなかった方が、飲まずに自然排卵できるように!
★生理が辛くて、鎮痛剤を手放せなかったのに、生理が楽になり薬いらずに!

◎ Instagram:hitomi_oguma

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中