now sara

松浦 愛さん【NOW SARA vol.67】東京都在住|オーガニック起業家・オーガニック専門家

健康食
  • 2021.02.19
  • 485 views

今回のNOW SARAインタビューはオーガニック起業家・オーガニック専門家の松浦 愛さん

松浦 愛さんは、全ての人にオーガニックな暮らしをスローガンにして活動をしており、心身ともに本質的な人生を歩める人を増やすためにオーガニックEコマースIN YOU MarketインユーマーケットやオーガニックメディアIN YOU journalを運営しています。今回、オーガニック起業家・オーガニック専門家の松浦 愛さんに、今頑張っている女性として、インタビューを行いました。

簡単な生い立ちをお願いします。

北海道札幌市生まれです。大自然が豊かなところで生まれまして、その後は京都に住み、今は東京で活動をしております。

この仕事(活動)を始めたきっかけは何ですか?

そうですね、私自身実は元々昔から食品添加物のことに興味があり中高生の頃から添加物のことを調べてはレポートを書く、といったことを進んでしていました。コンビニで販売されているお菓子、パンなどに子どもの時から疑問を感じていたのです。
とはいえ、食品の裏側、実情を知りつつも若さゆえに体が丈夫なことを過信し、大学進学後は、食生活もすっかりテキトーになってしまいました。でも大学は最高のモラトリアム期間。アルバイトをしたり、イベントを開催したり、気がすむまで昼寝したりと最高に自由気ままな日々を送っていたので、健康を失うことはありませんでした。
ところが大学卒業間近となった頃、就職氷河期時代だったこともあり、私自身進路に迷ってしまったのです。実は大学に進学する前から、マスコミの進路に興味があり、マスコミ関連のスクールに、お小遣いを貯めて通ったりしていました。大学時も継続して自らそのような習い事に通うなどしていました。それだけ、マスコミやメディアの仕事に興味があったのです。
ただ、一回信じるとそればかりに集中し盲目になってしまう悪いところがあり、それ以外の進路を検討することがなかったんですね。けれど内心、スクールに通いながらも「このままでいいのかな」とか「本当に自分が望む進路がこんなスクールに通ってるだけで、実現するのだろうか」とどこかいつも半信半疑、しかもどこか他人事で、ふわふわした人生を送っていました。
そして結局、とあるスパルタ系スクールの授業で、先生から怒鳴られてしまい自分が思い描いていたような華やかで魅力的な業界とは真逆の、むしろ苦しい現実を突きつけられたのです。それがきっかけで、心が折れてしまった私。
その後、いったい自分は何をやるべきなのだろうと辛い気持ちで就職活動を続け悩みつつ大学卒業後に内定をいただいた大手の会社がありました。しかし残念ながら環境が合わず、心身のバランスを崩してしまい在籍中に、ひどい咳喘息や食生活の乱れ、ストレスからくるメニエール症候群を発症してしまって退職を余儀なくすることに。
その次の会社に転職をし少しずつ健康を取り戻していくうちに、自然とオーガニックやマクロビオティックという概念に出会い、食事を根本的に見直しストレスから解放されたことで心身が驚くほど健康になって人生が好転してしいったことがきっかけでこの体験を多くの人に広めたいとの一心でこの活動を始めるに至ります。

小さい頃からこの仕事(活動)に興味がありましたか?

昔はオーガニックには、あまり興味はありませんでした。
ただ、食べ物に対しては昔から全般的に興味関心があり美味しいものを見つけるのが大好きでした。

仕事(活動)内容について教えてください。

全ての人にオーガニックな暮らしをスローガンにして活動をしており、心身ともに本質的な人生を歩める人を増やすためにオーガニックEコマースIN YOU MarketインユーマーケットやオーガニックメディアIN YOU journalを運営しております。

最初の仕事(活動)の思い出は?

最初の仕事の思い出は、初めて私の考えを個人ブログ以外の公のメディアで発表した時のことですね。それまでブログなどで配信はしていたのですが、公の場で発信するのはそれが初めてでした。自分の考えを世の中の人に伝えるというのはこんなにも楽しいことなんだと感動したのを覚えています。

ある1日のスケジュール

朝8時に起床。
朝9時過ぎに電話会議(リモート)その後移動して9時半にオフィス到着。
9時からスタッフと打ち合わせ、10時から数件の電話ミーティング、11時から1時間半ほどメールチェック、昼休憩1時間。
13時半から数件のミーティングや商談に出席・15時からさらに数件の商談や電話ミーティング出席、合間合間でYouTube番組のレビュー・チェック対応やスタッフからの確認チャットに対応。
売上数値などの確認も合間合間で対応。夕刻16時半から社内会議を2時間程度。
18時半から商談関連の案件1件をこなし、夜19時半からは再びメールチェックや資料作成、明日のスケジュールの確認、軽い夜の軽食をいただきつつスタッフからきた書類に目を通すレビューの仕事などを終え、23時過ぎににオフィスを出て家で掃除などを対応した後読書を楽しみ、AM1時ごろに就寝。

始めたばかりの頃の苦労話

始めた頃は、頼れるスタッフがあまりにも少なく365日休まず1日何本も自分で記事を編集してアップしたりしながら経営業務や他の業務を対応したり、計算や経理の仕事もしたりハードでした。さらに一番苦労したのはスタッフの採用を本格的に始めてからのこと。どんな人が社風にマッチするのか、見極め方が曖昧だったため、スクリーニングも甘々になってしまい、その結果会社に合うメンバーをうまく見つけることができず超短期間でスタッフが離職するなど、色々ここでは書ききれないほどの過酷で大変な目に遭いました。

この仕事(活動)をしていて嬉しかったこと

今もそうですが、ユーザーからの声ですね。インスタグラムやSNSに対してレスポンスをしてくれて、あいさんが発信していたあれを早速買いました!とか買った後にどういう使い心地でした!とか体調も良くなりました!という嬉しい声を聞くとまるで第二の家族からメールが来ているような気持ちになり、どんなに疲れていてもその疲れがふっとぶほどに嬉しいですし、なるべく最優先で返信やコメントをするようにしています。

この仕事(活動)をしていて大変なこと

オーガニックはまだまだ日本では「高い」と特別扱いされてしまうことです。たくさんの人に弊社のサービスを使ってもらいたいのですが、皆さんやっぱりまだ有名なものとか、有名人が使っているもの。そういうものに目が行きがちで、マイナーだけれど凄くいい商品には注目しない傾向にある人が多いのが大変ですね。オーガニックは知名度は高くないけれど、凄くいい商品がたくさんあったりする。だから、そういうものを知るきっかけを提供するだけでなく日常的に私たちのサービスを当たり前に使い続けてくれる、そんな仕組みを作りたいと思っています。

この仕事(活動)に対するこだわり

常に消費者至上主義でいることですね。これが全てと言っても過言ではありません。ビジネスとなると、やっぱり目の前の利益追求に走ってしまう人もいる。オーガニックも例外ではありません。私自身は本当に自分たちがいいと思えるだけでなく家族や大切な人にも自信を持ってプレゼントできるようなものだけを厳選して選び抜いていますし、その基準も明確。農薬や化学肥料や合成有害物質や、GMOなどの健康に対して何かしらのマイナスな作用が及ぼされるのではないかと危惧されるものが含まれている場合は全てNGにしています。これは一人でも多くの人に本当に心身ともに健康になってもらいたい、幸せな人生を送ってもらいたいという思いが強いからです。理念を後付けで考えるのではなく常に理念やビジョンありきで仕事のあり方を決定しています。

この仕事(活動)をする際に気を付けていること

SNSで発信をすることが多いのですが、何事もバランスを意識して発信をしていますね。誰かが大きく勘違いしてしまうような軽はずみな表現は使わないようにしており、特に食や体に関わるようなことを呟いたりする場合はエビデンスがどこまであるのか調べたり、海外の研究ではどのように示唆されているのかまで調べてできる限り、誤解が起こらないように丁寧に発信をするなど細部の表現に気をつけています。

いつも仕事に持ち歩いているもの

オーガニックアロマ・オーガニック除菌スプレー・オーガニックチョコレート・飲むミネラル(ミネリー)のボトル、ポーチ、エネルギースプレー、パソコン、財布、イヤホン、パソコンメガネなど。

仕事(活動)とプライベートの両立で工夫していること

両立というのはあまり考えたことがないのですが、なるべく週末のうち1日は時間を気にせず寝る時間を作ることですね。

日常生活で意識していること

常にアンテナを張って生きています。「オーガニック」と書かれたもので興味があるものは基本的になるべく買うようにしていますし、今はこのご時世でなかなか難しいですが、イベントなども昔はよく行っていましたね。この業界にどっぷりだからといって全てを分かっているつもりにならないように気をつけており、常に新鮮な目線で物事を見る癖をつけています。ユーザーからの声もなるべく積極的に耳を傾けるようにしており、初心に戻ってユーザーが当社のサービスをどう評価しており、どういうものを求めているのかについても1つずつ目を通して定期的に振り返る時間を作っています。

この仕事(活動)で最近特に力を入れていること

「自分自身をどのように良い方向へ導いていくか」ということに力を入れています。経営者なので常にトップの人が最高の体調やコンディションであることが求められますし、経営者でもメンタルがおかしくなって、うつ病になる人は多いと思います。自分自身をいい方向に導けないようでは他人のことも導くことは困難でしょう。自分次第で大きく会社の未来も左右してしまいます。ですから健康に気をつけることは当然ですが、心を常に平穏に保つにはどうしたらいいのか?ということを具体的に学んで実践をしています。

この仕事(活動)以外で最近夢中なこと

耳で聞く読書にはまっていますね。有料コンテンツをたくさんダウンロードしてインプットしたりしています。あと自分自身がユーチューブで発信をしているので他の人の番組をきいて勉強することも多いですね。なるべく上向き、ポジティブになれるようなコンテンツを取り入れています。

今後の目標を教えてください。

将来は、「世界で使われるオーガニックマーケットプレイス」にしていくこと。さらにはアジアを代表する、世界のIN YOUにしていくことですね。

この仕事(活動)を行いたい人が身につけておいた方がいいこと

オーガニックの基礎知識はもちろん、「オーガニックは何のためにあるのか」という根本的なことを学び、きちんと腑に落ちるまでいろいろなことを体験したり、自分の頭で考えることが大事だと思います。

今目指している人に伝えたいこと・応援メッセージ

オーガニックを広めるお仕事は大変ではありますが心が豊かになる瞬間も多いです。もし興味があればぜひIN YOUに遊びにいらしてください。

今まで自分が一番効果的と思った健康食

生野菜、生の果実を必ず生活のどこかで、とりいれています。
全体のうち、非加熱が半分になるようなイメージです。揚げ物ばかりにならないようにする。ミネラル古代物質を欠かさず飲むようにする。

眠りの質を上げるためにしていること

オーガニックのパジャマ、オーガニックの寝具を使うようにしたらとても快適な眠りが実現されます。
活動内容

全ての人にオーガニックな暮らしをスローガンに日夜活動しています!

オーガニックな仕事は簡単なことばかりではありません。
むしろ地味だったり、1つ1つはとても地道な作業の積み重ねをどれだけ諦めずにできるかが全て。

私自身も、食べる時間や寝る時間、身支度の時間以外は、自分の使える時間のほとんどをIN YOUのための事業活動に充てています。
日本もちろん世界にも驚くほどの課題がありますが、自分が納得がいくくらい”オーガニックが浸透した”と感じられるその日まで、諦めずに、意義を持って仕事をしたいと思っているためです。

ただし、私は、チームプレイで、自分の得意分野にフォーカスする方が好き。
”一人で何もかもやる”という考え方は、組織なのでなるべく捨てるように意識しており、今は私の個人の会社という感覚ではなく、リーダー、スタッフ、外部のサポーターに、どんどん仕事を任せていく、というスタイルを取っています。

とはいえ、よくも悪くもよほどの苦手分野を除いて幅広い分野をある程度はそつなく対応できてしまうタイプなので、自分の仕事量がかなり多いのが課題ですけれど。
1日も早く”オーガニックが身近になったよね”と、多くの人が思うような世界が実現することを願い、今日も頑張ります!

プロフィール

松浦 愛まつうら あい

IN YOU CEO 松浦愛

北海道札幌市生まれ、東京都在住。

大学在学後、新卒以降、大手企業で働くも体のバランスを崩す。
その後、インターネット・ベンチャー企業で働く中で、偶然にも、”オーガニック”や”マクロビオティック”という概念に出会う。

心身のバランスを取り戻したことをきっかけに、オーガニックな暮らしの素晴らしさを世の中の人に伝え、一人でも多くの方に心身ともに幸せで本質的な人生を手に入れて欲しいと考え、【全ての人にオーガニックな暮らしを】をスローガンに起業する。

現在は東京を拠点に会社経営をし、日本で最も厳しく安心な基準を目指すオーガニックマーケットプレイス、IN YOU Market インユーマーケットや現代人でも今すぐ始められるオーガニックライフを提案するIN YOU journal、自社ブランド"ミネリー"などを手がけている。

▶︎@aimatsuuraでClubhouseも参加中。
フォローしてね!

▶︎オーガニックを伝えるYouTube【インユーチューブ】配信中。

▶︎Instagram@inyou_magazine

▶︎Twitter@vegegirl2013

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中