now sara

鈴木 由美子さん【NOW SARA vol.51】宮城県在住|ヨガサークルとウォーキングツアーの運営

美容・健康・ボディケア
  • 2020.12.14
  • 453 views

今回のNOW SARAインタビューはヨガサークルとウォーキングツアーの運営を行う鈴木 由美子さん

鈴木 由美子さんに、今頑張っている女性として、インタビューを行いました。

簡単な生い立ちをお願いします。

小学1年生の4月に父と死別しました。父のいない淋しさを解消するために中高と卓球に打ち込み、全中、全日本、インターハイ、国体などに出場しました。大学卒業後は総合職でアパレル商社に入社し、3年勤務したのち、添乗員、カウンターセールス、営業事務を経て結婚、専業主婦になりました。

この仕事を始めたきっかけは何ですか?

8年のブランクを経てパソコンの資格を取得し事務のパートに就きました。四年後、東日本大震災で職場が被災し失業しました。この経験がのちに「今の自分に何ができるだろう・・・」「何をしたら喜んでもらえるだろう・・・」「事務職以外にも何かできるように手に職をつけておこう。」と気持ちを大きく変化させてくれました。
ちょうどその頃、運動不足になっていた実母の友人が「私たちでもできるような簡単な運動を教えて。」と声をかけてくださったのです。失業後、人から必要とされたことが嬉しくて、その気持ちに応えてみたいと思いました。シニアができる運動をネットで調べたら「ヨガ」がヒットし、なんとなく興味を持ち始めたのがきっかけです。

仕事内容について教えてください。

平日は地元松島と実家のある塩竃の公共施設をお借りして地域住民にヨガを教えています。週末は自主企画のウォーキングツアー「御朱走(ゴシュラン)」のガイドとしてお客様と一緒に松島湾沿いの史跡巡りをしています。

最初の仕事の思い出は?

サークルをスタートした日のレッスンは雪が降り積もった夜でした。足元の悪い中、多数の友人、知人がレッスンに参加してくれました。ウォーキングツアーをスタートした頃のお客様の大半はヨガサークルの生徒さんでした。生徒さんたちの応援があってのウォーキングツアーであることを今も忘れないようにしています。

ある1日のスケジュール

6:30 起床 朝の瞑想 身支度 お弁当の支度 朝食
9:00~12:00 地元施設にてヨガレッスン
14:30~16:30 ウォーキングツアーの現地踏査(下見)
18:00 夕食準備 夕食 HPやSNSの更新やチェック
23:00 娘たちのバイトのお迎え 入浴
1:00 就寝

始めたばかりの頃の苦労話

すべて自主開催のレッスンやイベントだったので集客のためにメールやラインや自作のチラシで営業をしていました。町内の住宅地に自作のチラシをポスティングに行き、雪道で転倒し頭を打って動けなくなったことがありました。

この仕事をしていて嬉しかったこと

ヨガを楽しむ姿やヨガで身体や心の変化を感じ取ってもらっている時が嬉しいです。ウォーキングツアーのお客様からは「足腰が丈夫になった」とか「松島ってこんな素敵なところもあったんだぁ~。」と松島再発見をしてもらった時、やりがいを感じます。

この仕事をしていて大変なこと

体調、感情管理と体力維持です。微妙な天候のウォーキングツアーの催行有無決定には毎度悩むところです。

この仕事に対するこだわり

やはり生徒さんとのコミュニケーションです。御朱走では下見で地域にまめに通うことで地域の方々に自分を知ってもらい、信頼関係を築けるように努めています。

この仕事をする際に気を付けていること

自分の立ち位置、外物であることを頭において行動することを心がけています。

世間にこの仕事をアピールする方法

SNSやチラシ、口コミ、紹介などが多いです。

いつも仕事に持ち歩いているもの

ヨガマット、スニーカー、熊鈴やホイッスル、救急セット、補給食、雨具を車に積んでいます。

仕事とプライベートの両立で工夫していること

あまり意識したことがなかったです。家族とのコミュニケーションは大切にしています。

日常生活で意識していること

疲れたら横になる。笑えない時こと笑ってみる。困った時は助けを求める。出来ないことや意に反することは正直に伝える。

モチベーションの保ち方

自分と違った分野で仕事をしている人の話を聞いたり、歴史の勉強会や他の団体さんのツアーに参加しています。ヨガティチャートレーニングで師の話を聞いたり、仲間たちと今感じていることをシェアしあうことがとてもいい勉強になっています。

この仕事で最近特に力を入れていること

全米ヨガアライアンス500時間に向けて勉強中です。みちのく潮風トレイルコースのセクションハイクや松島湾近隣の郷土史の勉強もしています。

この仕事以外で最近夢中なこと

Kポップを聴くことで最近はBTSにはまっています。

今後の目標を教えてください。

ヨガとウォーキングがセットになった商品を作ったり、地域の事業所さんとコラボ出来たら嬉しいです。国道45号線・櫃ヶ浦沿道に歩道をつけてもらえるよう(法律で難しいと聞いていますが)必要性は伝えていきたいです。松島海岸の清掃活動も始めていきます。

この仕事を行いたい人が身につけておいた方がいいこと

コミュニケーション力、平常心を保つこと。失敗しても笑いと感謝に変換できるマインド。

今目指している人に伝えたいこと・応援メッセージ

実践した結果を受け取り、修正して次に臨む。辞めずに続けること。

毎日欠かさず行っている健康テク・ボディケア

起床時の瞑想と就寝前のヨガ

おすすめのストレッチ(ボディケア)方法

前屈とブリッジ

ストレッチ(ボディケア)を続けていていいと感じた効果はありますか。

股関節と背骨を意識するようになった。骨を意識するようになったら以前よりも気持ちよくにヨガに取り組めるようになりました。

 二十四節気を意識するために、何かしていますか?

旬のものを食べたり、野外を歩いたり走ったりすることで季節を感じています。

仕事と家事の両立テク

家族に家事を分担し手伝ってもらい、自分の負担を少なくしています。手伝ってくれる夫はじめ娘たちには感謝しています。

本業と副業の両立(時間配分など)で工夫していること

状況に応じて優先順位を決め、その都度やっています。

副業の広め方(営業するコツ)

SNSやリピーターさんの口コミ

副業として成功させるコツ

副業も本業も意識せず、できることをやり続ける。私の場合、副業というよりも複業という感じの方がしっくりいきます。
活動内容

ヨガサークルとウォーキングツアーの運営を行っています。

「人が健康であれば地域も自然に元気になる。」をモットーに地域住民にヨガを教えながら、松島および松島湾の知られざる名所巡り「御朱走ウォーキングツアー」を運営しています。ヨガやウォーキングが必要な方にお届けできるようSNSを中心に情報発信しています。

プロフィール

鈴木 由美子すずき ゆみこ

1967年生まれ。宮城県松島町在住。夫と大学生の娘2人の4人家族。ヨガインストラクターとして小さなヨガサークルを近隣地域4カ所で運営しながら寺社巡りウォーキングツアー「御朱走(ゴシュラン)」の企画運営兼ガイドを努める。先祖は400年前に松島湾に松を植えた長南和泉守(ちょうなんいずみのかみ)さん。松島湾の松を見るたび先祖が果たせなかった仕事の続きを引き受けたような思いで仕事に励んでいます。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中