now sara

島村 悦子 (しまむら えつこ)さん【NOW SARA vol.66】|セルフケアコーチ

心理・カウンセラー
  • 2021.02.17
  • 297 views

今回のNOW SARAインタビューはセルフケアコーチの島村 悦子 (しまむら えつこ)さん

島村 悦子 (しまむら えつこ)さんは、セルフケアコーチとして、コーチングで理想を明確にし自分軸で生きるためのセッションを行い、さらに、ヨガやセルフケアマッサージ、瞑想、エネルギーワークなど、その方に必要なメニューを組み合わせて、定期的にサポートを行っています。
島村 悦子 (しまむら えつこ)さんに、今頑張っている女性として、インタビューを行いました。

簡単な生い立ちをお願いします。

もともと自己肯定感が低く、いつも周りの顔色を見ているような幼少期でした。
30代で難病になり1週間意識不明、何度も生死を彷徨いました。意識回復後は、ヨガやあらゆる療法で心と体に向き合い、自分を認められると同時に改善。が、また乳がんを発病します。その際、瞑想と食事療法でガンが自然消滅する経験をし、心で体は変えられる事を実感。元気になってからは、ヨガ講師、カウンセラー、運臓アップセラピスト(開運内臓マッサージ)を経て、現在はセルフケアコーチとして活動中です。

この仕事を始めたきっかけは何ですか?

かつての自分のように、病気だったり自信がない人が、私を見て希望をもってくれたらいいなと思い、活動を始めました。私がなった病気は薬をやめることが難しいと言われていますが、もう薬を飲まずに5年以上元気に過ごしています。そんな体験から、もし今辛い状況の方も自分を信じて行動することで、良い方向へ変えられる、と希望をもっていただきたいと思っています。そのための自分軸を見つけるサポートができればと活動しています。

小さい頃からこの仕事に興味がありましたか?

心理学の本は好きで良く読んでいました。

仕事内容について教えてください。

セッションでは、コーチングで理想を明確にし、自分軸で生きるお手伝いを。
同時に、体も整えることで、変化が体感できるので、ヨガやセルフケアマッサージ、瞑想、エネルギーワークなど、その方に必要なメニューを組み合わせて、定期的にサポートしています。

最初の仕事の思い出は?

初めてヨガを教えた時に「気持ちよかった」「スッキリした」と言って頂き、その笑顔がとても嬉しかったのを覚えています。

ある1日のスケジュール

起床→SNS対応・発信→セッション→昼食→講座→打ち合わせ→夕食→セミナー参加→セッション→SNS 発信→就寝

始めたばかりの頃の苦労話

お客様が困っていると時間を作って対応してしまい、無理をして体調を崩すことが多々ありました。

この仕事をしていて嬉しかったこと

セッションでお客様の表情が明るくなり前向きになったこと。継続していくうちに、人生を大きく変化させて夢を叶えたこと。

この仕事をしていて大変なこと

仕事とプライベートの区切りが曖昧なので、切り替えを意識しています。でも夜中までパソコンに向かうこともたびたび…

この仕事に対するこだわり

心に寄り添いながらも、お客様ご自身で道を決めていく距離感を大切にしています

この仕事をする際に気を付けていること

・行動を起こすことも変化することも、ご自身でしかできないことをよく理解していただく
・私のサポートが終了しても、ご自身で使い続けられるツールを身につけていただく
・自分を認めることが最初の一歩ということを大切に伝える

世間にこの仕事をアピールする方法

SNSやブログ、HPを通して発信していくようにしています。お役立ち情報とセミナー情報をLINE公式などでお伝えしています。

いつも仕事に持ち歩いているもの

パソコン、スマホ、手帳、御守りオルゴナイト

仕事とプライベートの両立で工夫していること

工夫ではないのですが、家族の協力が欠かせないので、夕食は出来るだけ一緒にとりコミュニケーションをとっています。

日常生活で意識していること

頑張りすぎない。自然に触れる時間を大切にする。周りの人あっての自分、感謝を忘れない。

この仕事で最近特に力を入れていること

瞑想によって、自分の心の奥深くを感じていただきたいので、新月・満月の瞑想会です。

この仕事以外で最近夢中なこと

占星術、オルゴナイト作り

今後の目標を教えてください。

定期的に開催しているセラピスト養成講座で、心と体を元気にすることができる方をもっと増やしたいです。
また、より多くの方に「意識で体が変わる」「体が変わると動ける」「動くと人生が変わる」と実感していただけるように、自分軸で生きる長期的なプログラムを製作中です。それを広めていき、いずれはコーチを育てたいと思っています。

この仕事を行いたい人が身につけておいた方がいいこと

相手の話をよく聞きどこに意識が向かっているか客観的に見ること

今目指している人に伝えたいこと・応援メッセージ

自分が本当に求めているもの、理想がわかっていると、実現が早いです。コーチングは、無意識に自分にかけている制限を外して、自由に生きるためのお手伝いができる素晴らしい仕事ですので、ご興味があったら、たくさん本を読んだり、実際に受けてみるといいと思います。
私の場合は、経験からの心と体をトータルにサポートするコーチングですが、それぞれ皆さんの人生経験を活かせる自分独自のコーチングができるのではないでしょうか。
小さな一歩を踏み出すことから始まりますので、行動を起こしてみることをお勧めします。

カウンセラーになる上で身につけておいた方が良いことはありますか?

言葉だけではなく、動作や雰囲気から読み取る視点。質問のレパートリーを増やす。

カウンセリングスキルの高めかたは?

カウンセリングを受ける、カウンセラーの話を聞く、ブラッシュアップ講座を受ける。経験を積む。

どのような方法でクライアントを獲得しているのか。

紹介、ブログなどのSNS、講座など。

毎日欠かさず行っている健康テク・ボディケア

ヨガ、呼吸法、瞑想

おすすめのストレッチ(ボディケア)方法

寝る前にお腹をさわって呼吸を感じるだけでも睡眠の質が変わると思います。

ストレッチ(ボディケア)を続けていていいと感じた効果はありますか。

心と体がスッキリする、気持ちの安定感が高まる。

 二十四節気を意識するために、何かしていますか?

二十四節気に合わせて、薬膳やセルフケアを取り入れています
活動内容

セルフケアコーチとして活躍中!

セルフケアコーチとして、コーチングで理想を明確にし自分軸で生きるためのセッションを行う。さらに、ヨガやセルフケアマッサージ、瞑想、エネルギーワークなど、その方に必要なメニューを組み合わせて、定期的にサポートを行う。

プロフィール

島村 悦子 (しまむら えつこ)しまむら えつこ

もともと自己肯定感が低く、いつも周りの顔色を見ているような幼少期を過ごす。
30代で難病になり1週間意識不明となり、回復後は、ヨガやあらゆる療法で心と体に向き合い、自分を認められると同時に改善するが乳がんを発病。
その際、瞑想と食事療法でガンが自然消滅する経験をし、心で体は変えられる事を実感。
元気になってからは、ヨガ講師、カウンセラー、運臓アップセラピスト(開運内臓マッサージ)を経て、現在はセルフケアコーチとして活動中。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中