now sara

おそうじ処たよって屋 斉藤 由紀さん【NOW SARA vol.36】大阪府在住|家事代行サービス運営

片付け・整理・収納・生活
  • 2020.10.14
  • 287 views

家事代行サービスを運営するおそうじ処たよって屋 斉藤 由紀さん

おそうじ処たよって屋 斉藤 由紀さんに、今頑張っている女性として、インタビューを行いました。

簡単な生い立ちをお願いします。

結婚を機に、専門的に家事を学ぼうと思い立ち、株式会社ダスキンに就職しました。仕事で掃除に関わるうちに、掃除への関心が高まり、一念発起して家事代行サービス業務を展開するために独立しました。

この仕事・活動を始めたきっかけは何ですか?

掃除ができないからとても怒られました。苦手なことはない方がいいのですぐにパート勤務をしました。

この仕事をするまで、今までどのようなことを積極的に行っていましたか?

今までたくさんの種類の仕事をしました。飲食店、販売業、回線業者のテクニカルチーム、介護職などです。
ちょっと興味があることはやってみようと思い行動しました。なので周りからはすぐ辞める人、続かない人って思われたかもしれません。お掃除は一番嫌いなことなのに、一番楽しくやっています。

仕事内容について教えてください。

家事代行サービスとして、料理・洗濯・そうじ・片付け代行を行い、また、新サービスとして「塾弁当」代行サービスも始めました。
塾に通うお子様が食べている食事がカップラーメンなどでは気の毒なので、管理栄養士と提携して栄養満点の塾弁当を家事代行としてお作りいたします。

最初の仕事の思い出は?

仕事を始めた頃は、知名度を上げることに力を注ぎました。現在も、Instagramを中心としたSNSを活用して、情報を発信しています。

ある1日のスケジュール

家族のお弁当作りから始まり、お客様宅へお伺いします。
午前1件、移動して午後1件で平均2件のお宅へ向かいますが、主にお掃除でお伺いします。
また、それとは別に、料理代行やおかたづけ代行のスタッフも稼働しています。

始めたばかりの頃の苦労話

仕事では、家事代行でご飯を作ることももちろんあります。その後、自分の家族のご飯も作るので、仕事を始めた頃は逆に家事代行をして欲しいと思うこともありました。短時間で確実に物事を行えるように、経験を積み、手際を良くしていきました。

仕事中の失敗談と乗り越えたエピソード

失敗しないように、慎重にヒアリングをさせていただいています。家事代行は、人と人との付き合いになりますので、相性も大切だと思います。お客様に気に入っていただけるように、工夫して仕事を行っています。

この仕事の苦労・大変なこと

特に苦労とは思っていません。もっと知識を深めたいと思っているのでいろんなジャンルを勉強したりはしますがそれは必然的に自分に返ってくると思っているので学べることが幸せだと思っています。

仕事を続けるために努力していること

色々な情報を偏りなく集めて、自分で開拓して行動するようにしています。

この仕事に対するこだわり

愛をもって仕事を行うことです。家事代行サービスを提供する業者はたくさんありますので、その中から私を選んでくださったことに、とても嬉しく思います。そのため、お客様が思っている以上のサービスを提供できるように心がけています。

仕事とプライベートの両立で工夫していること

仕事を楽しみながら行うことだと思います。私は仕事が負担ではないので、多くの仕事を受け持つことが多いため、プライベートとのバランスを意識しないといけないとは考えています。

日常生活で意識していること

家族と共に過ごす時間を意識的に設けるようにしています。

アピールポイントはありますか?

会社に勤めて掃除を行っていた時とは違い、フリーになって家事代行サービスを行うようになってからは自分自身で工夫しながら仕事を行わないといけないため、格段にスキルがアップしたと思います。
また、家事代行サービスの他に、家の修理等も別部門にはなりますが請け負うことが可能です。是非、家事代行、特に掃除に関してはお任せいただければと思いますし、家全般に関するお悩みもご相談いただければと思います。

仕事以外で夢中なこと

家族と過ごす時間と、野菜作りです。

今後の目標を教えてください。

自社ビルを作りたいという夢を持っています。そして、シングルマザーの方が手頃な家賃で住んでいただけるようなマンションにしたいです。
具体的に言いますと、そのマンションの1階にはiPadを30台、Macのパソコンを設置して、お子さんやご家族の方が自由に触っていただけるようにします。
このようにお子さんがiPadやパソコンを使って学校の勉強を行っていただける環境を整えて、成績アップを目指します。
そのマンションでは、飲食店等も経営して、お住まいの方が働いていただけるようにします。何か困ったことがあれば、マンションの管理人として私がサポートできるようなシステムをつくりたいと思っています。

今後挑戦してみたいことは?

家事代行では、様々な悩みがつきものです。おそうじ処たよって屋では、第1ステップが家事代行、そして、第2ステップとして建物のリペア等のアドバイスも一緒に行えるということが強みだと思います。
スタッフもオールマイティに活躍できるようなスキルを身につけていますので、家の中のことも外のこともどんどんできるような会社にしていきたいと考えています。

今目指している人に伝えたいこと・応援メッセージ

どこにモチベーションを持っているかは人それぞれなので、まずは自分がどこにモチベーションを持てるか明確にするといいと思います。
私は、人とのご縁に重きをおいて、仕事をしています。また、プラス思考でいるように心がけています。仕事をする上では、まずはインプットを大切にしましょう。
活動内容

おそうじ処たよって屋 斉藤 由紀さんの活動内容を知ろう!

関西全域でハウスクリーニング全般、家事代行、料理代行、片付け代行を行っています。
また、新たに「塾弁当」代行も始めました。「そうじは人を幸せにする」ことを理念とし、ご家庭のストレスをリセットできるお手伝いさせていただいています。
また、弊社建設業は「すまい相談LINE」を設け、住まいトラブルなども積極的にご相談受け付け、対応しております。総合リフォーム業として、ご家庭の内装、リペア、外装リフォームなどもお請けいたします。

プロフィール

株式会社TSReform おそうじ処たよって屋 斉藤 由紀さいとう ゆうき

大手様より独立し、ハウスクリーニング事業部を統括しております。

主婦目線での悩み、親しみやすく、相談してもらいやすく 心と愛をこめて「ご家庭の住まいトラブル」と向き合います。

お掃除、料理、片付けなどお困りごとがあればおそうじ処たよって屋へお声掛けください。

苦手だった掃除が自身の仕事に!|家事代行サービスを運営するおそうじ処たよって屋 斉藤 由紀さん|NOW SARA vol.36

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中