now sara

NOWSARA秋田悦子

秋田悦子さん【NOW SARA vol.23】東京都在住|クレイジュエリスト

手芸・ハンドメイド
  • 2020.09.17
  • 347 views

クレイジュエリストとして活躍中の秋田悦子さん

クレイジュエリストとしてお仕事をしている秋田悦子さん。クレイジュエルスクールを運営しており、ポリマークレイの魅力を発信しています。 今頑張っている女性として、クレイジュエリストのお仕事について、詳しく教えてもらいました!

秋田悦子さんへインタビュー

秋田悦子さんへ様々なインタビューを行いました。クレイジュエリストのお仕事について、詳しく知りたい方は必見です!
NOWSARA秋田悦子

簡単な生い立ちをお願いします。

学生時代は美大で学びながら、スキーやアウトドアスポーツメディアのモデルをしていました。現在、粘土で作られたジュエリーブランド「niconeru」とクレイジュエル スクールを立ち上げ、デザイナーそして先生として活動しています。

この仕事・活動を始めたきっかけは何ですか?

母が粘土教室を主宰していて、幼い頃から粘土を習っていました。学生の時、今扱っている粘土、ポリマークレイの視察に同行し、この魅力をもっと広めたい!と思い、アクセサリー作りを始めました。
NOWSARA秋田悦子

この仕事をするまで、今までどのようなことを積極的に行っていましたか?

好奇心が旺盛だったので、様々なものに興味を持つようにしていました。特に海外旅行へよく行き、知らない世界を見て回り体験するようにしていました。
NOWSARA秋田悦子

仕事内容について教えてください。

自身ブランドアクセサリーを百貨店や専門店で販売したり、メディアへの衣装提供を行っています。また、制作技術を広める為スクールを運営し、教室で先生として作り方を教えています。
NOWSARA秋田悦子
NOWSARA秋田悦子

ある1日のスケジュール

教室を行う時と販売会を行う時で、かなりスケジュールが変わります。販売会を行う時は、販売会を行う店舗さんとイベントの打ち合わせをします。空いている時間には、新作のデザインを考えたり、制作を行います。
NOWSARA秋田悦子

始めたばかりの頃の苦労話

始めた頃はお客様へ作品を売り込む接客がなかなか自信が無く、苦労しました。
NOWSARA秋田悦子

仕事中の失敗談と乗り越えたエピソード

自分の作品をアピールすることを難しく感じていたのですが、出店先の方や、教室の生徒の方々に「素敵なアクセサリーだから自信持って!」と励ましていただいたり、助けていただき乗り越えました。
NOWSARA秋田悦子

この仕事のやりがい・よかったこと・嬉しかったこと

アクセサリー制作は大変なこともありますが、とても楽しいと感じています。自分自身が楽しみながら、アクセサリー制作のお仕事をしています。生徒さん達が楽しそうに制作をしている姿や購入いただいたお客さまが喜んでアクセサリーを身に着けている姿を見るとやりがいを感じます。

この仕事に対するこだわり

自分の世界観を必ず守るということを大事にしています。流行を取り入れながらもブランドイメージを維持することは大変ですが努力しています。
NOWSARA秋田悦子

世間にこの仕事をアピールする方法

1つのファッションとして、気軽に使っていただけるように、Instagramを中心にアピールを行っています。最近では、クレイジュエルが出来ていく制作過程も見て楽しんでいただきたいと、YouTubeに動画を出したりしています。

いつも仕事に持ち歩いているもの

ipad、スマートフォンです。 イメージしたもの、気になったものをすぐに撮影したり、書き留めたりします。
NOWSARA秋田悦子

仕事とプライベートの両立で工夫していること

プライベートを過ごしていても、どうしても仕事につなげてしまいがちです。そのため、メリハリをつけて行うように意識しています。例えば、仕事とは全く違うことをプライベートで行う等です。元々アウトドアで行うスポーツをしていたこともあり、最近はゴルフも楽しむようになりました。結局ゴルフファッションにもアクセサリーを取り入れたりしてしまうのですが。

日常生活で意識していること

クレイジュエルに関わる新しい情報や世の中のトレンドなど、意識してチェックしています。そしてそれをInstagramなどで共有するようにしています。

頑張れるモチベーションの見つけ方

ご購入いただいた方から、アクセサリーをよくつけていますと言われると、とてもモチベーションが上がります。また、アクセサリー制作が心から好きなので、普段からモチベーションは高いと思います。
NOWSARA秋田悦子

アピールポイントはありますか?

笑顔を大事にしていることです。周りから「楽しそうですね。」、「笑顔が素敵ですね。」とよく言っていただけます。自分が楽しそうにしていると、周りも笑顔になると思うので、いつも笑顔を取り入れるようにしています。

今後の目標を教えてください。

皆さんがクレイジュエルを始めるきっかけとなるように、DVDや家で作れるようなセットを製作していけたらと思っています。また、作り手皆の「楽しい」を共有できるコミュニケーションの場も築き、更にアクセサリーの魅力を広めていきたいです。
NOWSARA秋田悦子

今後挑戦してみたいことは?

YouTubeでアクセサリーとは関係ないジャンルとのコラボ企画にも挑戦してみたいと思っています。クレイジュエルの可能性が更に広がるのでは?と考えています。

今目指している人に伝えたいこと・応援メッセージ

自分の好きなことを極めて欲しいです。好きなことを極めることで、自信につながりやすいと思います。

ブランドネームの由来

ブランドネーム「ニコネル」は、「ニコニコ」粘土を「こねる」より名付けられています。笑顔で輝き続ける女性に、ものづくりの楽しみやファッションアイテムとしてクレイジュエルを取り入れていただき、喜びを共に過ごしたい、という思いが込められています。
NOWSARA秋田悦子

作品が出来上がるまでの過程

写真に載せているポリマークレイという樹脂粘土素材を練り、アクセサリーの柄作りから行います。イメージとしては金太郎飴です。棒状にまとめ、断面の柄をカットしクレイジュエルを作り上げていきます。
NOWSARA秋田悦子
NOWSARA秋田悦子

自身の感覚を鍛えるためにしていること

アクセサリー作品を見るだけにとどまらず、日常生活でも感覚を鍛えています。例えば、ウィンドウショッピングでしたり、食事をする際のお皿の模様でしたり、何気ない日常生活の中からアイデアを得ています。
NOWSARA秋田悦子
活動内容

クレイジュエリストとして活躍しています

NOWSARA秋田悦子
クレイジュエルのデザイン、アクセサリー制作販売、メディアへの衣装提供を手掛ける等、幅広く活動中。

クレイジュエル スクールを運営しています

NOWSARA秋田悦子
教室やイベントを開催し、技術の普及と楽しさを分かち合うスクールを開校しています。

プロフィール

NOWSARA秋田悦子
秋田悦子あきたえつこ

niconeru ジュエリーデザイナー。クレイジュエル スクール Owner/粘土の先生。ポリマークレイの魅力を発信しています。
著書「粘土でつくる アクセサリーと花」

ポリマークレイアクセサリーの先駆者!|クレイジュエリストの秋田悦子さん|NOW SARA vol.23

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中