now sara

ねこきのこさん【NOW SARA vol.110】東京都在住|ハンドメイド作家

手芸・ハンドメイド
  • 2021.12.10
  • 234 views

★ハンドメイド作家 ねこきのこさん

今回の“今頑張っている女性”は、ハンドメイド作家の ねこきのこさんです。
お客様のニーズを常に意識した作品作りをされていて、参加予定のクラフトマーケットには必ず事前訪問してリサーチを行うそうです。
誰でも気軽に始められるものだからこそ、資格をもつことでお客様の安心感につながるのではないかと資格の学習をされたりと、お客様軸を大切にされていることが伝わります。
ねこきのこさんワールドをもっと知りたい方は、ぜひSNSをチェックしてくださいね!

ご活動について教えてください。

レジン・ビーズ・天然石などを使って、イヤリング・キーホルダー・ブックマーカー・髪留めといったアクセサリーを中心に制作・販売しています。
オフィス街と住宅街のちょうど中間にある地域で活動しているので、働いている女性や子育て中の女性の方、そして小さな女の子にも喜んでもらえるようなものを目指しています。
一方で、血のりを使ったチャームや大仏のイヤリングなど、かなり私の趣味が先行したものも制作しています。

ご活動を始めるにあたってのきっかけ・思いを教えてください。

子どもが幼稚園に入り、空いた時間で何かできないかなと思ったのがきっかけです。
もともと手作業やキラキラしたものが好きで、人に喜んでもらうのが好きなので、地域や人々の暮らしのお手伝いになるものがないかといろいろ探っていった結果、この活動に出会うことができました。
YouTubeなどの動画でクリエイターさんの制作模様を眺めてみて、自分にもできるのではないか、ぜひやってみたいという気持ちが強まり、思い切ってスタートしました。

収益を得るためにまず始めたこと・現在行っていることは何ですか?

まず始めたのは、ハンドメイド作品を販売できる通販サイトへの登録でした。
制作するのは大好きなのですが、写真を撮影したり説明文を入力したりするのが苦手で、今も悪戦苦闘しています。
ただ、自分としては対面販売や販売会により力を入れたいと思っているので、クラフトマーケットへの出店、カフェ・アパレル店やイベント物販への営業などを行っています。
それぞれの販売マーケットに応じた需要があるので、その都度ニーズに合わせた作品の制作ができるよう心がけています。
クラフトマーケットでは特にこの点に気を付けていて、参加する予定のマーケットには事前に客側として訪問して、どんな人が参加していて、どういった作品が並んでいてよく売れているのかを調べています。

ご活動をしていて心からよかったと感じる瞬間を教えてください。

自分が作ったものを喜んでもらえることが何よりの喜びです。

ご活動をしていて大変なことは何ですか?

SNSや販売サイトに掲載する際の写真の撮り方が下手なので、商品のよさを伝えるのに苦労しています。
伝える難しさはほかにもあって、出店時に通行人の方に店が全く視界に入らずそのまま通り過ぎてしまわれることが多々あり、悩んでいます。
店の存在に気付いてもらえるよう、商品を目線の高さに置いたり、立体的に設置するなど気を配っています。
店があることが伝わらないと、作品を手に取ってさえもらえないですからね。

ご活動を行う上でこだわっていること・気を付けていることを教えてください。

パーツひとつとっても、「自分らしいものを自分らしく作る」ように心がけています。
それから、とにかく手を動かして何度も同じ作業を繰り返したり、これはいいなと思ったことはどんどん取り入れたりしています。
繰り返しの作業が苦にならないのは私の強みだと思っているので、そこに全力投球してスキルを高めていきたいです。

資格を取得しようと思ったきっかけを教えてください。

誰でも気軽に始められるものだからこそ、資格をもつことでお客様の安心感につながるのではないかなと思い、取得を決めました。
試験は筆記なのですが、私はテキストに書かれている内容を繰り返し実践していました。
テキストとにらめっこして頭に入れていくよりも、手に覚えてもらう方が私には向いていましたね。

ご活動を世間にアピールする方法を教えてください。

InstagramやTwitterに作品をアップするかたわら、友人たちにアクセサリーを試着してもらって、SNSで宣伝してもらうことをしています。
影響力のある方に宣伝してもらえると反響も大きく、フォロワー数のアップにつながっています。
このサイクルをうまく回していくことで、自分のSNSでアップしただけでも大きな反響を得られるケースが多くなってきました。

ブランドネームの由来を教えてください。

ねこもきのこも好きなので、好きなものからとりました。
声に出した時に響きや語呂もいいかなと思っています!

作品ができ上がるまでの流れを教えてください。

キラキラのアクセサリーでも、変わった形のものでも、こんなの誰が使うの?ってものでも、自分のアンテナが反応したものは何でも作っています。
いろいろなものを見てイメージを作り、紙にデザイン画を書いたり、試作を繰り返してピンときたものが作品になっています。
いくつか通販や出店時に商品として並べて、お客さんに手に取ってもらう機会が多かったものを、さらに量産していくようにしています。
本当は自分の趣味全開な作品だけを作りたいのですが、それだとお客さんの需要に応えられないので。
「人気になりそうなものを作らないと」「自分の好きなものも作りたい」いつもその葛藤に悩まされています(苦笑)

材料の調達はどうしていますか?

いろいろなものを見て、自分の感性に刺さるものを自由に仕入れています。
これは違ったなぁと思うことも多いですが…

作品の参考にするものはありますか?

見たもの聞いたもの全てが参考になります。
特に大事にしているのは、作品を実際に使用してくれた友人たちの意見です。
デザインだけでなく、使い心地や耐久性なんかも気兼ねなく意見してもらうようにしています。

ねこきのこさんのようなご活動をされたい方は、まず第一に何を行うべきでしょうか。

クオリティは後からついてくるので、まずは何でもいいから作りたいものを作ってみることだと思います。

今後の目標を教えてください!

ハンドメイドの”世界にひとつだけ”の特性を活かして、お客様の「好き」を形にしていたらいいなぁと思います。
お客様に喜んでいただける作品を、どんどん作っていきたいです。
活動内容

ねこきのこ

レジン、ビーズ、天然石などを使ったアクセサリーや雑貨の制作、販売をしています。
「お手に取りやすい価格で、着け心地のいいものを」がコンセプト。
オーソドックスでシンプルなものから、ちょっと個性的なものまで、お客様の好きを形にするべく制作しています。

月に2〜3回クラフトマーケットに出店、カフェやアパレル店への納品、minneでの販売も行っております。
オーダー制作も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

Instagram→@nekokinoko00
Twitter→@nekokinoko00
minne
https://minne.com/@nekokinoko00

プロフィール

ねこきのこ

JDP レジンアートデザイナー/JDP ビーズアクセサリーデザイナー
JIA UVレジンデザイナー/JIA ビーズアーティスト

レジンアクセサリー作家の「ねこきのこ」と申します。
レジンやビーズ、天然石を使ってアクセサリーや雑貨などの作品を作っています。
ハンドメイドならではの「世界にひとつ」を見つけてください♪
あなただけの「特別」をお作りします(*´꒳`*)

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す
NOW SARAは、『今頑張っている女性』を応援します。

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中