now sara

ちゃみさん【NOW SARA vol.103】沖縄県在住|スピリチュアルカウンセラー

占い
  • 2021.10.05
  • 96 views

★スピリチュアルカウンセラーのちゃみさん

今回の“今頑張っている女性”は、スピリチュアルカウンセラーとしてご活躍中の ちゃみさんです。
幼少の頃からスピリチュアルな世界に興味があり、学生時代のアルバイトから占い師として就職、その後一度は教師として勤務された後、スピリチュアルカウンセラーとして開業されたご経験の持ち主です。
降りてきて自然発生的に確立されたセッションのメニューと、教員経験やイラストがお得意だからできること、また子育てとお仕事の両立など、語ってくださいました。
少しでも気になった方はぜひお気軽にご相談ください!

お仕事内容について教えてください。

小さい時から目に見えない世界が大好きで、大学生の時のとある出会いから占いのアルバイトを始め、卒業後に占い師として勤務していました。
一度は教育現場を経験した後、現在は子どもから大人までを対象に、スピリチュアルの視点からカウンセリングを行う<スピリチュアルカウンセラー>として、悩みなどを占いを使って解決していくということを打ち出しています。
店舗は持たず、個人事業主として開業して、自宅で「七色の橋」という名前を付けて活動しています。
活動名も最初に就職した占い師時代から使っている名前で、本名からアレンジして「ちゃみ」にしました。
全てのメニューが対面はもちろん、オンラインでも可能です。

セッションの6つのメニューについて詳しく教えてください。

●ソウルオーラ鑑定
その方のエネルギーというものがあって、基本7色あるオーラのうち、周りにより強く出ているオーラからその方の性質や才能、本質を見ていくものです。
7色のオーラというものはみんな持っているんですが、その中からより際立って出てくる色があって、たとえば黄色が出ているとか、オレンジが出ているとかいう個性があります。
あとは私の見方として、魂の方から出ている色というものがあって、それが形となって出てきたりとか、人によってはお腹の方に楕円で出てきたり、頭から足まで色が一本線に出てきたり、魂のメッセージや体からのメッセージを色で受け取っているのです。

●守護者メッセージ
その方の持っている守護者(ガイド)や、その方にアプローチしてきている高次の存在(守護天使、精霊、ハイヤーセルフなど)から伝えてほしいと託されたメッセージ・今後のキーワードなどをお伝えします。
ガイドのヴィジョンのイラストを描き、メッセージを書いてお渡ししています。

●スピリチュアルタロット
タロットには大アルカナと小アルカナの2つがあるんですが、私の場合は基本的に大アルカナというメインの22枚のカードを使って占っていくというスタンスです。
大アルカナのカードと直感と、その方に意識を向けた時に視えてくるヴィジョンだったりを含めて鑑定しています。
未来とか過去とか、問題を具体的に解決するために使う手段です。
より深く、具体的に見ていきたいという方にはタロットをおすすめしています。

●オラクルカードセッション
タロットカードに比べて、オラクルカードは優しかったり、前向きな後押ししやすいメッセージが多いです。
タロットだと割と厳しい回答を出してくるのですが、オラクルカードというのは基本的に優しく背中を押すという感じです。
オラクルカードはだいたい最後にメッセージを伝えたい時や、クライアント様に引いてもらって、悩みに対してのアドバイスだったり、今必要なメッセージを見ます。

●オーダーメイドパワーストーン
もともとパワーストーンには興味があり、占い師として働いていた時に身に付けた知識と独学、加えて通信講座(SARAスクールジャパン)のパワーストーン講座で学び、知識を深めていきました。
それを活かして、今はオーダーメイドを中心にパワーストーン製作をしています。
私の作り方としては、まず作る時にクライアント様とエネルギー的につながって、ストーンたちに選んでもらうというか、クライアント様に本当に必要なストーンとして反応するストーンがあるので、それで完全オーダーメイドで作っています。
たとえばタロットとか守護者メッセージ、オーラ鑑定で見て、さらに後押しが欲しい方のためにストーンを作ってお渡ししています。

●アンシェントメモリーオイル
ストーンを身に着けたりするのが苦手な方におすすめしているもので、アンシェントメモリーオイルも願いを叶えるオイル、魔法のオイルといわれています。
クライアント様の願いなどに合わせてブレンドしていくとその方に一番必要なものだけが選ばれて、それをブレンドしてお渡しします。
パワーストーンの液体バージョンと思った方がいいかもしれないですね。
これは匂い、香りなので、毎日ハンカチやスカーフにつけたり、“オーラ場”という肉体の約20cm上にオイルをつけるという感覚で使用したりします。

お仕事を始められるまでの歩みを教えてください。

大学で占いのアルバイトを始めて、そこで1年あまり習いながら、大学卒業後に占い師としてデビューしたのですが、この時は期間限定で勤務していました。
というのも教育学部出身なので、親の期待と一度は教員をしてみたいという思いもあり、占い師として活動した後、教員の世界に行くことを決めていました。
教員をしながらでも人の悩みを聞く機会が多くて、自分が大学卒業してやっていた占いのお仕事やカウンセラーのお仕事でも、スピリチュアルな視点からアドバイスができることがあるといいなと思って、教員を退職して戻ったという形が自然だと思います。
占い師をしていた時は、師匠が個人で経営されていた店舗で勤めさせていただいていました。
この時は、オーラ鑑定とタロットを行っていました。

占いの各技法はどのように身に付けられたんですか?

当時やっていたオーラ鑑定とソウルオーラ鑑定は違って、「ソウルオーラ鑑定」は私が名付けたものです。
以前はその方の周りのオーラを見ながら鑑定をしていたんですが、この世界に入ってまたやると決めた時にちょっと感覚が違っていて、周りのオーラにプラスして色の“形”が入ってきたんです。
それで色の形は何かと突き詰めていくと、これは魂からのメッセージなんだということが分かって、それからは「ソウルオーラ鑑定」という形でやらせていただいています。
以前はオーラの色を人の体の周りだけに塗っていたんですが、今は結構真ん中の方とかを塗って、人の体の部分だったり中身だったりにも色が出てきているので、それを表しています。
「守護者メッセージ」も教員を退職してこの仕事をすると決めてから、できるようになりました。
メッセージが降りてきたり、ヴィジョンが視えたり、そういう感性が開いてきたものをそのままメニューに加えていって増えていきました。
最初に占い師として就職していた時に「オラクルカード」もやってみたいと思ってはいたものの、実際にお客様には行っていませんでした。
これを機にオラクルカードを勉強してセッションができるようになったので、スタートさせているという形です。
「パワーストーン」はもともと好きで、占いのアルバイトをしていた時から少しずつストーンの名前を覚えたり、効力を覚えたりを自分なりにやっていました。
そこで、本格的に自分で活動をする時にパワーストーンを取り入れようと思いました。
「メモリーオイル」は教員の時代に出会ったもので、自分なりに勉強して、パワーストーンのやり方を応用してできないかなと思って取り入れました。

イラストは教員をされていたご経験から得意なんですか?

小学生の時から絵を描くのが好きで、中学生の時には漫画家になりたいという夢がありました。
親からの反対で一度はやめてしまったものを、これを機に復活させた感じです(笑)
全盛期の頃と比べるとさらに練習する必要がありますが、うまい下手は置いておいて、やっぱり描くのは楽しいです!
なので、守護者の特徴を捉えてそれを漫画風に描いていくというのが私の描き方です。

最初のお仕事の思い出を教えてください。

初めてイベントに参加させていただいた時に、お客様とのセッションの中で自分に合うスタイルを発見できたことでした。
誰でも出入りできるものの、主に子育て中のママ向けのイベントでした。
子育て中のお母さんはずっと子どもと向き合っていて自身のケアとか悩みを出したりができない方が多いので、そういった趣旨で出店できる人が、スピリチュアル系や物販、マッサージなどをお母さん向けにやっているイベントでした。
お母さんがリラックスできるようにというイベントですね。
私は個人セッションで、占い師・スピリチュアル部門で出て、初めてのお客様とは今でも交流があります。
セッションを受けた際に、とても納得されていて、元気になった姿を見ることができて、すごく嬉しかったです。
最初はイベントでどういう風にメニューを紹介した方がいいのかなとか、時間的なもの、値段的なものがとても難しくて・・・私のスタイルはパッとやってパッと終わるというものではないんですよね。
じっくりその方に向き合って、とことん解決していくというスタンスなので、イベントだと時間内で終わらないんです。
時間内で終わらないので、そこでひとつ勉強させてもらったというのもあるし、そのイベントに参加したおかげで自分のスタイルが確立していったところがありますね。
イベントはショート版という形でやらせていただいています。
ただ、時間配分はやはり難しいので課題ではありますね。
イベントの趣旨を意識しながら、今後試行錯誤して参加していきたいと思っています。
今はコロナの影響で残念ながらイベントはほぼないですね。
特に沖縄は結構厳しい状態なので、イベントを開催するのはやっぱり難しいです。
再開できたら、イベントは活動を知らせる場なので、そういうことを意識しながらやっていこうと思っています。

新型コロナウイルスによっての変化はありますか?

普段は対面鑑定とオンライン鑑定でセッションを行っていますが、圧倒的に対面が多いですね。
直接会って鑑定してもらいたいという気持ちはよく分かるので、私は嬉しいです。
なのでコロナ禍ではあるんですけど、換気とか消毒を意識しながら、できる限り対面でやっています。
それでも時間の調整が難しかったり、私も子育てをしながらなので、子どもが家にいる時は対面セッションができません。
そのような時はオンラインでお願いすることもあります。

お仕事で収益を得るために行っていることを教えてください。

まず、私の活動を知ってもらうためにイベントに参加しました。
現在は、Instagram、ブログ、公式LINEなどのSNSを使って発信しています。
子育てと両立しながらなので、試行錯誤しながら、あまり無理をせずできることから発信していっています。
それでも、できる限り活動内容はアップするようにしています。
Instagramに活動内容を載せていて、それで興味を持ってくれた方はブログを見て、公式LINEに登録してくれているようです。
でも、圧倒的に口コミで来てくださるクライアント様が多いです。

お仕事を行う上で気を付けていることを教えてください。

クライアント様に100%で向き合いながらセッションすることです。
悩みは十人十色なので、さまざまな視点からアドバイスさせていただいています。
クライアント様によってアドバイスの仕方も全然違うので、そこを意識しています。

お仕事を始めた当初に苦労したこと・どのように乗り越えたかを教えてください。

すごく難しいのが時間と価格の設定でした。
イベントは知ってもらうための活動で、手軽に体験してもらえるように設定しないといけません。
一番大切なのは目的が何かで、臨機応変に対応していくことが大切だと分かりました。

お仕事をしていて心からよかったと感じることは何ですか?

クライアント様が悩みの根本にあるものを捉えて解決のために行動し、自分らしく輝いている姿を見ると、自分のことのように嬉しいです。
この仕事をやってよかったと心から思います。

カウンセリングという面では、教育学部で学ばれたこと・教員経験が活きていますか?

お母さんや子どもの悩みだったり、お子さんを見てほしいと言われることもあって、そういう時は教員の頃に身に付けたノウハウを活かしながら、絡めながら具体的なお話をしたりすることもあります。
もちろんそれだけではなく、スピリチュアルな視点からアドバイスさせていただいています。
やはり今必要なメッセージは、その方を守護している<ガイド>が伝えてきてくれます。
どれを使うのかというのは、決まっていないんです。
その方やそれぞれの悩みに応じて、今この方には守護者のメッセージを言った方がいいなとか、タロットがいいなと思ったらさらに深く見ていくという形で、臨機応変に占い方やセッションの見方も変えています。

カウンセリングや占いのスキルを高めるために今も継続してされていることはありますか?

①日々カードを引いてカードからのメッセージを深く読んでいくこと
②とにかく見る練習をすること
③直感を使って物事を決めたり、メッセージを受け取ったりしていくこと

まずは、日々カードを引いています。
これは自分に対しても引くし、近い関係の人とか、夫だったら今日一日の流れとか、そんな感じで引いたりしています。
直感を高めるためには、たとえば道の曲がり角から人が来るかとか、来るとしたらその人が女性か男性かとかいう感じで、当てっこゲームみたいなことでも段々高まっていくので、実践しています。
あとはトランプカードで、エース・キング・クイーンなど5枚のカードを最初に見せてから裏返しにして、混ぜて並べてこの3番目にあるカードが何なのかっていうのを子どもと当てっこゲームをすることがあります。
6歳、3歳、1歳の子どもがいるんですが、意外と子どもの方が当たったりします。
子ども同士でやったり、私も一緒にやったりするんですが、3歳の子がよく当てます。
カウンセラーに必要なのは相手の話をしっかり聞く傾聴力、そして共感力だと思います。
スキルを高めるには、クライアント様の相談内容によって、その方が一番何を伝えたいのか、何を解決していきたいのかを意識して聞くようにしています。

パワーストーンやアンシェントメモリーオイルの在庫管理はどのようにされていますか?

パワーストーンの場合は、今まで習ってきたストーンや、新しく出てきたストーンなど、種類がたくさんあるんですね。
いいなと思ったら購入して、ストックとして置いておくんですが、一連で買うことが多いです。
大きさにもよりますが一連でだいたい4~5回分は作成できるので、あまり多くのストックは置かず、なくなるのが早いストーンをまた追加注文したりして、少しずつ自分で見ながら管理しています。
アンシェントメモリーオイルの場合はセットで購入し、必要に応じて追加注文しています。
こちらも少なくなってきたらその都度補充しています。

お仕事とプライベートの両立はどのようにされていますか?

まだ子どもが小さいので、無理はしないようにしています。
子どもが保育園に行っている間、または寝静まった後に集中的に活動しています。
夫も協力してくれるので、土日休みのクライアント様から日曜日にセッションが入ることもあるんですけど、日曜日は夫が子どもたちを外に連れて行って遊んでくれたりとか、早めに家事を終わらせなければいけない時は手伝ってくれたりとか、夫婦で協力してやっています。
子どもを見ながらだと絶対できない仕事なので、協力がないと厳しいところですね。

今後の目標を教えてください。

まだ実現するには時間がかかると思いますが、インド人の夫とカフェをオープンして、その一角でセッションルームを設けたいですね。
そういうのを一緒にできたら楽しそうだなと思って、今は難しい時期ではありますが、いつかその目標を形にしていけるように、日々できることを着実にこなしていきたいと思います。

ちゃみさんのようなお仕事を目指している方へのメッセージをお願いします。

最低限の知識は必要かもしれませんが、やりたいと思ったらチャレンジする!という意識はすごく大切だなと感じます。
それから、自信を高めるために資格を取得することもお勧めです。
あなたを必要としている人がいるということを知ってほしいです。
人それぞれ得意なジャンルがあります。
どの方面からアプローチするかによって、クライアント様に響くものが違います。
この仕事に興味があるということは、きっとあなたにも役割があるはずです。
あなたの力を存分に発揮していってください☆

読者の方へのメッセージをお願いします!

SNSで見ても、初対面なのでこの人に相談していいのかなみたいに最初は迷ったり、引いてしまったりすることもあると思います。
でも悩みがあったり、何かのご縁があって見ていると思うんですよね。
そんな時は、気軽にお問い合わせやメッセージをしてくれると嬉しいなと思います。
今の世の中、特に不安・心配事・悩みを多くの方が抱えていると思います。
でも、何事にも必ず解決策はあります☆
ご縁によりつながった方々が、少しでも心が軽くなり、前向きに行動できるように後押しできれば幸いです。
SNSやブログなどを通じて、お気軽にご相談・メッセージしていただけると嬉しいです!!
活動内容

七色の橋

悩み、不安、心配事は誰にでもあります。
それらを解決するだけでなく、本来の望み、あり方、役割などをスピリチュアルな視点からアドバイスさせていただきます。
また、パワーストーンやアンシェントメモリーオイルを使用して、“願いを叶えやすくする”サポートをしていきます☆

プロフィール

ちゃみ

幼少期より見えない世界や神秘的なこと、宇宙が大好き。
自然との関わりの中で、木々や風との会話を楽しむ。
大学時代に占い師のノウハウを学び、卒業後に就職。
一度離れ教員を経験した後、スピリチュアルカウンセラーとして占術を用いながら独自で生み出したカウンセリング方法を取り入れ活動している。

Instagram→@nanairono.84

公式LINEhttps://lin.ee/t23aBN0
てぃーだブログhttps://tarotandstone1111.ti-da.net/e11985908.html

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中