now sara

RuRiさん【NOW SARA vol.102】東京都在住|潜在意識のサポーター

占い
  • 2021.10.04
  • 72 views

★シンボルゲームファシリテーター・夢鑑定士・スピリチュアルヒーラーのRuRiさん

今回は、RuRiさんに“今頑張っている女性”としてインタビューを行いました。
自分軸×自分領域を大切にする生き方を多くの方に実践していただきたいと、潜在意識のサポーターとして活動されています。
「いろいろなご縁」が重なり現在のお仕事につながっておられることに、とても運命的なものを感じます。
”普通の人”になろうと、あえてスピリチュアルな世界から遠ざかっていた過去、そこから「スピリチュアルの世界で生きていこう!」と決めて自分らしくいられる今に至るまでを語ってくださいました。
スピリチュアルに興味はあるけど最初の一歩が踏み込めないという方は、必見のインタビューです!

ご活動について教えてください。

シンボルゲームファシリテーター、夢鑑定士、スピリチュアルヒーラーとして活動しています。
シンボルゲームとは、潜在意識と陰陽五行の組み合わせで自分の本当の気持ちに気付かせてくれるカードリーディングです。
知名度はまだ低いですが、一般的な占いと違い、クライアントさん自らカードを引いていただくタイプの新しいリーディングで、自ら運命を切り拓いていきたい方にピッタリのツールです。
また、情報社会の発展による情報過多、世界がいろいろな問題で混乱する中で”自分はどうしたいのか”という自分軸を確立させる必要が出てきている今だからこそ広めていきたいと思い、シンボルゲームファシリテーターの活動を主に行っています。
潜在意識のつながりで、夢鑑定も行っています。
不思議な夢の中には何かしら潜在意識からのメッセージが込められており、そのメッセージを読み解くお手伝いをしています。
夢占いとは少しだけ異なっていて、夢占いは夢に出てきたシンボルが何を示しているのかを探り、メッセージを読み解いていくものですが、夢鑑定は潜在意識の中に眠る本当の願望や心の内を探って問題解決をしていくというものなんですね。
かなり似ているんですけど、まぁ、似て非なるものという感じですかね。
そして、これもある意味潜在意識つながりではあるのですが、スピリチュアルヒーラーとしても活動しています。
過去世や幼少の頃の心の傷がそのまま潜在意識にとどまり今の自分を苦しめているということもあるので、その傷を癒してあげるという活動です。
ただ、私のヒーリングは癒してあげるだけでなく、自己治癒能力を高めてあげるということも兼ねています。
癒してあげるだけではいつまでも誰かに頼ってしまうことになるので、私の方で癒してあげつつ、自分の力で治癒する力もつけていっていただくようなセッションを行っています。
このように、すべての活動に共通して潜在意識が関わっているので、私自身は『潜在意識のサポーター』と名乗って活動しています。

これまでの歩みを教えてください。

北海道出身で、高校卒業まで北海道に住んでいました。
その後、京都の大学を出て、地元に戻り法律事務所に就職した後、一念発起して中国へ留学、現地で就職しました。
帰国後は一度北海道に戻ってコールセンターの仕事をしていたのですが、「このままの人生でいいのか」という疑問を抱いて、転職のために上京しました。
上京後の数年間は法律関係の仕事をしていたのですが、いろいろなご縁が重なり、気付いたらスピリチュアルの世界に飛び込んでいました。
幼少の頃から予知夢を見たり、霊的な存在に触れるなどちょっと不思議な経験をしていたので、子どもの頃からスピリチュアルの世界を身近に感じていた、というのが大きかったのかなと思います。
今もそうですが、スピリチュアルな世界って結構敬遠されることが多いですし、スピリチュアルな世界に興味を持っていると「ヤバい奴」みたいなレッテルを貼られてしまうじゃないですか。
なので、”普通の人”になろうと思って、だんだんとスピリチュアルな世界から遠ざかってしまっていたんです。
スピリチュアルな世界から遠ざかっていた時は、仕事もプライベートもけっこう荒んでいて。
その経験があったからこそ今があるのですが、自分らしさを取り戻してくれたスピリチュアルな世界には感謝してもしきれないですね。
だからこそ「この世界で生きていこう!」という思いが強くなり、今に至る・・・という感じです。

ご活動を始めるにあたってのきっかけ・思いを教えてください。

いろいろなご縁が重なったというのがかなり大きいですね。
スピリチュアルな世界から離れてずいぶん経っていた時に、今の夫と出会い、交際中にスピリチュアルワークに参加したのがすべての始まりですね。
って言うと表現が創作物っぽいですけど(笑)
そこが第一のポイントで、第二のポイントが妊娠です。
妊娠中に不思議な夢を何日間も見ることがあって、そこから潜在意識やスピリチュアルに関する学びを深めていったんです。
妊娠期間中だったというのもかなり大きなポイントで、妊娠中って結構ヒマなんですよ。
子どもが産まれてくる準備はしていたんですけど、私の場合ほとんどの時間のんびりしていたので、「ヒマだ!そういえば最近不思議な夢よく見るなぁ!勉強してみようかな!」という感じの勢いです。
でも、そのふとした思いつきが自分の人生を変えてしまうから面白いですよね。
ちなみに、ふとした思いつきにも潜在意識が関係していて・・・
こういう話は長くなってしまうので、ご興味のある方はセッションでお話しいたします!

最初のご活動の思い出はありますか?

またもやいろいろなご縁という表現が出てくるんですが、さまざまな活動をしている数人で集まって鬼怒川温泉に合宿に行く企画があり、ご縁があって参加したんです。
フラダンサー、企業や個人のコンサルを行っている人、大学教授、整体師、コーヒーショップのオーナー、社長、セルフケアのプロ、声診断の活動をしている人・・・よくまぁ多種多様な活動をしている人たちが集まったな、って感じなんですけど(笑)
その合宿で、初めて本格的なシンボルゲームをしたんです。
シンボルゲームというのは、何か解決したい悩みやトラブルをお伺いした後、クライアントさん自身にカードを引いていただき、そのカードの持つ意味やメッセージをお伝えして、悩みやトラブルを解決するヒントを潜在意識から引き出す・・・というのが全体の流れなんですが、初対面の人たちにシンボルゲームを行うのがこの企画の時が初めてだったんです。
それまでは夫でシンボルゲームの練習をしていたものの、親しい関係なので「私、ちゃんとシンボルゲームできているのかな?」という不安がありました。
ですが、この合宿で初対面の人たちにシンボルゲームを行った結果、大成功したんです。
それを機に、シンボルゲームへの自信が生まれました。
この鬼怒川温泉の合宿は、私がシンボルゲームファシリテーターの第一歩を踏み出すことができた、本当に大切な思い出です。

お仕事で収益を得るためにまず始めたこと・現在行っていることは何ですか?

まずは私とルルピリカ(サロン名)の存在を知ってもらう必要があったので、ショップカードを作りました。
他にも、ブログ運営やnoteの執筆、Twitterでの発信活動も始めましたね。
順番的には、ショップカード→Twitter→note→ブログです。
ショップカードを作ったものの、今はSNS運営が当たり前みたいなところがあるので「Twitterを始めるか!」って始めて。
Twitterは140文字の制限があるから、「伝えたいことが多すぎる!」ってなってnoteを始めて。
「noteだと好き勝手なカスタマイズできないし、もっとがっつりとスピリチュアルなこと書きたいぞ!」ってなってブログを始めて・・・という感じです。
実際、noteだとがっつりスピリチュアルな内容より、ほどよくスピリチュアルだったり、自己啓発に寄った内容の方がウケがよかったりするんですよね。
気合いを入れて書いたスピリチュアルな記事が全然読まれなかったりということもありました。
なので、あまり人の目を気にせず思いきりスピリチュアルな世界を表現したい時はブログに書く!という感じで使い分けをしていて、自分の欲求も満たされている感じがします。
いい感じです(笑)
ちなみに今後はInstagramを始めたり、冬眠状態のFacebookも再開しようかなと目論んでいます。
いろいろやりたがりな性質なもので。

ご活動を始めた当初に苦労したこと・どのように乗り越えたかを教えてください。

元々自己肯定感が低いというのもあるのですが、とにかく自信がなかったですね。
自分はちゃんとセッションできるのかな、人の役に立てるのかなという不安でいっぱいでした。
ただ、不安を抱えて前に進めないでいると、やっぱり乗り越えることってできないんですよね。
先ほどお話しした鬼怒川温泉の合宿も、「ちゃんとシンボルゲームできるか分からないしな・・・」と、はじめは参加するかどうか迷っていたんです。
でも、いつまでこうやって不安を抱えたまま立ち止まっているんだろうと、ふと思ったんです。
いつかはこの不安に打ち勝たないといけないんだと、自分を奮い立たせました。
その結果が大成功だったので、「どんどんセッションをしないと前に進めない!」という気持ちに切り替わって、そこから先は積極的にセッションを行っていきました。
そして、セッションすればするほど自信につながっていきましたね。

お店オープンまでの歩みを教えてください。

スピリチュアルの世界で生きていくと決意し、学びを進め、ある程度知識をインプットして、自分の中にあるパワーを使えるようになり、シンボルゲームについても自信を持つことができました。
「さぁ、どうにかお仕事として活動していきたいぞ。でもどうすればいいんだ?」と思った時、整体師さんと運命的な出会いを果たしたんです。
運命といっても全然恋愛的なものではなく、ちょうどその時、産後の骨盤ケアもしたいといろいろ整体院を探している内に、その整体院を探し当てたのが始まりでした。
その整体師さんが、一般的な整体師さんではなく、エネルギーを扱う系の方だったんです。
実は、私がシンボルゲームを教わった方も同じようにエネルギー系のマッサージをされている方で、ふたりの共通点にとても驚きました。
そこで、この人なら大丈夫そうだと思って、私がシンボルゲームのファシリテーター・スピリチュアルヒーラー・夢鑑定士として活動を始めたこと、シンボルゲームの師匠もまたエネルギー系のマッサージをする方であることなど、スピリチュアル関係のことをいろいろお話ししたんです。
そこから開業するためのアドバイスですとか、他にもスピリチュアル関係のことをたくさん話してくださるようになりました。
まさかこんな身近にスピリチュアル関係のことをお話しできて、開業についてのアイデアやアドバイスをくださる方がいるとは思っていなくて。
というか、まさか産後の骨盤ケアで出会えるなんて思わないじゃないですか(笑)
「スピリチュアルのお仕事をするにはどうすればいいの!?」と思っていた矢先にこの整体師さんと出会えたので、引き寄せの法則って本当にあるんだなと思いましたし、改めて目には見えない不思議な力に感謝した瞬間でした。

お店のオーナーとしてのこだわりを教えてください。

潜在意識のサポーターとして私が皆さんにお伝えしていることは、「答えは自分の中にある」ということです。
ですから、セッションを通して自分の中に眠っている答えや気付きと出会えるよう、自分と対話していただくための環境作りにこだわっています。
自分と対話するために重要なことは、何よりもリラックスすること。
あれやこれやといろいろ考えてしまっていると、その考えの方に意識が集中してしまって、自分の本当の気持ちに気付けないんですね。
だからこそ、私はリラックスしていただく環境をいかに作り上げるかに力を入れています。
そのために必要なのが、雰囲気だと思っています。
お店の雰囲気というのも大事ですが、私とクライアントさんとの間に流れる空気、雰囲気、オーラ、といったものですね。
クライアントさんが自分と向き合えるように、私は最大限にその場を提供したいと思っていて、私自身が癒しの場となれるように努めています。
本来であれば、私の活動内容でいけば「スピリチュアル・カウンセラー」という呼び方の方が適しているのかもしれないですが、私が癒しの場となる・・・という意味合いも込めて、現在はスピリチュアルヒーラーを名乗っています。

ご活動をしていて心からよかったと感じる瞬間を教えてください。

自分のことは自分が一番よく分かっていると思いがちですが、実は、自分の本当の気持ちって分かっていないことが多いんです。
ですから、シンボルゲームをはじめとした潜在意識に関するセッションをしている内に、クライアントさんがハッとした表情をされたり、すごく安心したり、リラックスする瞬間というのがあるんですね。
自分の本当の気持ちに気付いて、クライアントさんの中で張りつめていたものが急にふぅっと和らぐ感じがするというか。
その時のクライアントさんの晴れやかな表情を見た時と、セッションが終わった後のオーラが軽く爽やかになっている様子を見た時は、本当にこの活動をしていてよかったなと思います。
それと、セッションをする度に自分自身も成長していることを実感できるんです。
セッションの進め方もそうなんですが、直感力や脳裏に浮かぶイメージなども、だんだん鍛えられているなぁと思っていて。
なので、自分の成長を感じる瞬間もすごく嬉しく思いますね。

お仕事をしていて大変なことはどんなことですか?

大体どのクライアントさんに対してもそうなんですが、伝えたいことが多すぎてセッション時間が短い!と感じてしまうんです。
自分でセッション時間を決めているはずなんですけどね。
せっかく私のセッションを選んでいただいたので、時間内にできるだけ多くのことをお伝えしたいと思っているのですが、とにかく時間があっという間なんです。
事前に大体のセッションの流れは決めておくのですが、たとえばシンボルゲームの場合、クライアントさんに引いてもらったカードが、私もクライアントさんもビックリするようなカードだったりすると一気に盛り上がってしまって、なかなか先に進めなくなってしまったりということもあります。
ファシリテーターとしてはきちんと進行しないといけないので、心を鬼にしつつ次の段階に進んだりするのですが、セッション中はこのように何が起こるか分からないので、時間配分が大変だなぁと感じています。

お仕事を行う上でこだわっていること・気を付けていることを教えてください。

セッション中に思いついた言葉やイメージは全て伝えるようにしています。
直感的なイメージや閃いた言葉というのは、その方にとって必要なメッセージだったりするんですよね。
なので、私が直感的に感じことを伝えると、クライアントさんにも刺さっているようで、ドキッとされることが多いです。
ただ、言葉選びには気を付けるようにしています。
同じことを表現するとしても、言葉ひとつで結構グサグサッと刺さって痛い時や傷ついてしまうこともありますので。
たとえば、「今は枯れてしまっている状態」と「今はたっぷりの水分が必要な状態」というのはほとんど同じ状態を指しますが、人によっては「枯れている」って悲しくなっちゃったりするんですよね。
基本的にクライアントさんの性質を見極めて、このクライアントさんだったらハッキリお伝えした方がいいかな、このクライアントさんにはもう少しやわらかい表現がいいな、というのを考えながらセッションしています。

他のお店と差別化するために心がけていることを教えてください。

クライアントさん自身の言葉を大切にして、クライアントさんにどんどん話してもらっています。
一般的なカードリーティングや夢占いでは、出てきたカードをもとにこれからの運命をお伝えしたり、夢に登場したシンボルが何を表しているのか、というのをクライアントさんにお伝えすると思うんですけど、私が行うシンボルゲームや夢鑑定において、私はあくまでファシリテーター(進行役)やサポーターであって、こちらから何かをお伝えするということは基本的にあまりないんですね。
もちろん、思いついた言葉やイメージをお伝えしたり、お客様のご希望で代理でカードを引いてほしいということであれば、シンボルカードの代理引きをさせていただき、その内容を伝えるということも可能ではあります。
自分軸×自分領域を大切にする生き方を実践していくためには、やはりクライアントさん自身から出てくる言葉や感情がとても大切になってきます。
なので、私はあまり前に出ず、クライアントさん自身が、自分の足で前に進むのを横でエスコートするイメージでセッションするように心がけています。

愛用している占い道具を紹介してください。

シンボルカード、ノート、ペン、色の入った布です。
シンボルカードはシンボルゲームに欠かせないものでありますし、他のセッションの時でも必要だなと感じたら、シンボルカードを使うこともあります。
ノートとペンは、主に夢鑑定で使います。
クライアントさんから「こんな夢を見た」という申告を受けて、大体のイメージを絵に描いたりしてまとめます。
また、セッション中やセッション後、普通に生活している時もそうなんですが、頭の中に突然不思議なイメージが思い浮かぶことがあって、そのイメージをすぐに絵に描けるように、ノートとペンを近くに置いておくことが多いです。
色の入った布は、全てのセッションに使います。
たとえば、クライアントさんに何枚かの布を見ていただいて、今一番落ち着く色がどれか質問します。
色にも陰陽五行の属性があるんです。
緑であれば木、赤であれば火、黄色であれば土・・・という感じですね。
その選んだ色によって、クライアントさんに現在必要な五行の要素は何かというのが分かるんです。
どのアイテムも、私のセッションを手助けしてくれる大事な仲間たちです。

占いのスキルを高めるために行っていることはありますか?

スキルを高めるために行っていることは4つあります。
1つ目は瞑想で、毎日欠かさず行っています。
瞑想といってもいろいろな種類があるんですが、私が主に行っているのは、天地とつながる瞑想、エネルギーをあるべき場所に戻す瞑想、愛のエネルギーを受ける瞑想、陰陽五行の要素とつながる瞑想です。
瞑想を行うようになってから、精神的に安定するようになり直感力も鍛えられるようになりました。
あとはちょっとスピリチュアルな内容になりますが、私を守ってくれている守護者たちのエネルギーも近くに感じることができるようになりましたね。
2つ目は、螺旋の呼吸という呼吸方法です。
私は学生時代に剣道をしていたのですが、剣道の指導者に教わった呼吸方法が螺旋の呼吸です。
「螺旋の呼吸」という名前は私が勝手に命名したんですけど(笑)
とてもリラックスのできる呼吸方法なので、セッションの時にクライアントさんにもやっていただくことがあります。
3つ目は物のエネルギーを感じることです。
たとえば、パワーストーンを右手か左手に持って、その石のエネルギーがどんなものかを感じるんです。
不思議なことに、刺すようなエネルギーだったり、じんわりと広がるようなエネルギーだったり、石や物ごとに発するエネルギーが違うんですよ。
これを行うと、エネルギーの流れを感じやすくなったり、直感力を鍛えることができます。
4つ目は、占いからは少し離れてしまうかもしれませんが、読書をすることです。
いろいろな分野の本を読むことで知識もインプットできますし、言葉や表現の勉強にもなるんですよね。
本から得た知識や表現がセッションに役立つことも多いんです。

クライアントさんとのコミュニケーションで気を付けていることを教えてください。

じっくりとクライアントさんの声に耳を傾ける、いわゆる”傾聴”を心がけています。
昔コールセンターで働いていた時のスキルが役に立っているんですが、ただ話を聞くだけではなくて、じっくりと話を聞いてその人の心の声を聞くという感じです。
クライアントさんが言葉を使って話していることと潜在意識で感じていることが違っていたりすることも多いので、クライアントさんが心の底から発している本当のメッセージを読み解く必要があるんです。
そして、私がクライアントさんの本当の気持ちに気付いても直接伝えることはあまりなくて、できるだけご本人に気付いてもらえるようリードしていくスタンスを取っています。
自分軸×自分領域を大切にする生き方をお伝えするにあたって、他人から答えを言われるのはなんか違うかなと思っています。
ご本人で気付くのが厳しそうな時は、「もしかして・・・」という感じで、おそらくクライアントさんが抱いているであろう本当の気持ちをお伝えすることもあります。
大体皆さんハッとされることが多くてビックリされますね。
ただ、あくまでも私はサポーターなので、あまり前に出過ぎず、というのを守るようにしています。

お仕事とプライベートを両立するためにどのような工夫をしていますか?

仕事の時間とプライベートはきっちり区別するようにしています。
私は対面セッションとオンラインセッションどちらもやっていて、対面セッションの場合はセッションスペースに行くのでオンオフの切り替えが簡単なのですが、オンラインセッションの場合は基本的に自宅で行っているんです。
なので、どうしても仕事とプライベートの時間が曖昧になる時があるんですよね。
本来であればプライベートな時間のはずなのに、ついついお仕事関係の作業に没頭してしまったりということもあります。
なので、きっちり時間を決めてお仕事とプライベートを区別するようにしています。
どうしても今やってしまいたい作業の場合は、「この作業のこの部分だけやったら一旦終了!」という感じでセクションで区切ったりしています。
あとは、スマートフォンを触る時間も意識しています。
クライアントさんと連絡を取る上で使うこともあるので、スマートフォンに全く触らないということは難しいのですが、自分の中でスマートフォンをどれくらい触るかというのを制御しておかないと、興味のあることをどんどん調べていっちゃうんです。
ですから、お仕事中のスマートフォンいじりは必要最低限にしています。

お仕事以外で最近夢中なことはありますか?

料理とお部屋のリメイクです。
元々、料理は趣味のひとつだったので、昔からいろいろな料理に挑戦したり、スイーツを作ったりということはしていたのですが、最近いろいろある趣味の中でも、料理熱が上がっています。
料理をしていると、自分の頭の中が不思議と整理できるんです。
食材を切って、調理して、味つけをして・・・という一連の決まった作業を淡々とこなしていくからなのかもしれないですが、自分の考えもまとまるし、食事の用意もできるしで一石二鳥です。
もうひとつのお部屋のリメイクは、本当にここ最近ですね。
なんかこう、もっと自分がわくわくするような、そこにいるだけで嬉しくなる部屋を作っていきたいと考え始めるようになって、そこからインテリア写真の画像を検索して、自分好みのインテリアはどんなものかを研究しています。
第一弾のリメイク場所は、キッチンです。
これでますます頭の整理と料理がはかどりそうです。

今後の目標を教えてください。

今のところ、3つ目標があります。
1つ目は、シンボルゲームをもっとたくさんの人に知ってもらうことです。
シンボルゲームは比較的新しく、まだあまり知られていないツールなので、私のセッションを通してどんどん広めていきたいなと考えています。
今までにない新しいタイプのカードリーティングですし、先ほどお話しした通り、自分の力で道を切り拓いていきたいという方にぜひ体験していただきたいです。
2つ目は、新しいツールを作ることです。
シンボルゲームの基本概念である潜在意識×陰陽五行をさらにグレードアップして、色や食べ物、パワーストーンに関する要素などを散りばめたツールを作りたいなぁと考えているんです。
そして、新しいツールで自分軸×自分領域を大切にする生き方をもっと広めていきたいです。
3つ目は、もっと学びを深めていくことです。
シンボルゲームに関してだけではなく、夢鑑定士やスピリチュアルヒーラーとしてもどんどん学んでいって、クライアントさんへご提案できる内容を増やしていきたいと考えています。

RuRiさんのようなお仕事・ご活動をしたい方は、まず第一に何を行うべきでしょうか。

まずは、スピリチュアルに関する本を読んでみることをおすすめします。
今はインターネットで簡単に本が買える時代なので、自分がなんとなく気になった本を買ってみるといいですよ。
私も、「何かこの本気になるな・・・」と思って買った本の中に、自分が進みたい方向や自分の疑問に関する答えが書いてあったりしました。
そういうこともあって、直感力というか潜在意識の力を信じるようになったのもあります。
スピリチュアル系の本って、自己啓発本や自己肯定感を上げる本の内容にも少し似ている部分があって、読んでいると精神的にもレベルアップしているような気がするんですよね。
あとは、インターネットでスピリチュアルに関する検索をしてみてもいいかもしれないです。
今はたくさんの情報を手に入れることができる時代なので、気になる情報はどんどんキャッチした方がいいと思います。
ただ、中には高額なセミナーや教材もあるので、購入するか悩む場合は、「本当に自分にとって必要なのか」という点を見極めることが大事だと思います。

いま目指している人に伝えたいこと・応援メッセージをお願いします!

思いきってスピリチュアルの世界に飛び込んでみてください!
スピリチュアルな世界って日本では敬遠されがちですが、実は世界では結構当たり前なんです。
1998年に行われたWHO(世界保健機関)の総会でも、「スピリチュアリティヘルス」という考えが議論されているんです。
「肉体的な健康」「精神的な健康」「社会的な健康」の3つの健康定義に「スピリチュアリティヘルス」を加える形です。
世界ではもっと身近にスピリチュアルな世界があるってことなんです。
日本視点ではなく、グローバルな視点を持ってみると、見えなかったことが見えてきて面白いですよ。
そして、「これは自分のやりたいことなんだ!」と自分軸をもって行動・挑戦することも、とても大事だと思います。
世間の目や人からの評価、家族友人の意見などを聞いてしまうと、どうしてもなかなか前に進めなくなってしまいます。
スピリチュアルな世界に飛び込みたいと伝えると、きっと大体の人は「危ないからやめときなよ」って止めると思います。
でも、そこでやめてしまってはもったいないです。
せっかく自分の意思で「挑戦したい」と思ったことなのだから、やっぱり一度きりの人生で挑戦した方がいいと私は思います。
ぜひ、自分の気持ちを大切にして、スピリチュアル世界の扉を開いてみてくださいね!
活動内容

潜在意識のサポーター
潜在意識アクセス&ヒーリングサロン『ルル❆ピリカ』代表
シンボルゲームファシリテーター|夢鑑定士|スピリチュアルヒーラー

潜在意識に関するセッションを行う潜在意識のサポーターとして活動。
シンボルゲームや夢鑑定により、クライアントの潜在意識にアクセスしてお悩みやトラブルを解決するかたわら、クライアントに眠るエネルギーを引き出すヒーリングを施し、活力を取り戻す手助けをしている。

自分の本当の気持ちに気づくこと。
自分軸と自分の領域を大切にすること。
自分自身を愛で満たすこと。

豊かな人生のためにはこれら3つの要素が欠かせないことを伝えながら、より充実した人生を送るためのサポートを行っている。

プロフィール

RuRiるり

北海道出身、東京都内在住。
幼少の頃よりスピリチュアルな能力に目覚めていたが、世間に溶け込むため、成長とともにスピリチュアルな世界から遠ざかる。
その後も予知夢や霊的な夢を見ていたが、”不思議な夢”として片づけていた。
留学先の中国で、自分を守護する龍神の存在をはっきりと感じ、その姿を確認する。
帰国後、あるスピリチュアルワークをきっかけに、再度スピリチュアル世界に飛び込むことを決意。
自分自身の経験と不思議な力を生かしシンボルゲームファシリテーター、スピリチュアルヒーラー、夢鑑定士として活動を開始する。

ホームページ:https://rurupirika.com/ note:https://note.com/ruri_supp0rt Twitter:@RuRi__sup

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中