now sara

YURIE KONOさん【NOW SARA vol.45】海外在住|ホースジャーナリスト

ペット・トリマー・動物関連
  • 2020.11.18
  • 196 views

今回のNOW SARAインタビューはホースジャーナリストのYURIE KONOさん

ホースジャーナリストのYURIE KONOさんに、今頑張っている女性として、インタビューを行いました。

簡単な生い立ちをお願いします。

福岡県出身、ポーランド在住。
福岡で生まれ育ち、関東の大学へ進学。その後、ヨーロッパに移住しました。
現在は、小さい頃から好きだった【馬】の魅力やホースセラピーを広めるため、ホースジャーナリストとして活動しています。

この仕事を始めたきっかけは何ですか?

ヨーロッパに移住した当初は、ライターや輸入業をしていました。
そんな中、自分らしさ大切に仕事をする素敵な方々と出会い、話す中で「やっぱり馬に関わりたい」と思うようになり、ホースジャーナリストとしての活動を開始しました。

この仕事をするまで、今までどのようなことを積極的に行っていましたか?

この活動をする前は、とにかくフリーで生きていくために、いろんな仕事をしました。
ライターとして単価の安い記事をたくさん書いたり、英語力を使って英語のカスタマースタッフをやったり、ファッションに疎いのにファッション系の輸入業を初めてみたり、一時期は旅館に住み込んで、着物を見ながら仲居さんをしていた事もあります。
自分が何をしたいとかではなく「頑張ればできそうな事は、とりあえずやってみる」という感じでしたね(笑)

仕事内容について教えてください。

ホースジャーナリストとして、オンラインコミュニティの運営、ライター、ウェブデザイン、オリジナルグッズの制作、翻訳、ヨーロッパの現地ガイド、動物関連の得意分野であれば英日通訳や海外視察サポートもしています。

ある1日のスケジュール

基本的に、朝起きて朝食を食べ、コーヒーを飲みながら自宅で仕事。昼食を作って食べ、また午後の仕事を再開します。
日本との時差があるので、午前中は「日本と連絡を取る仕事、SNS発信、メール返信」を。
午後は「自分で黙々と作業ができるもの」という風に、午前と午後で仕事を分散しています。
気分転換にカフェで仕事をする事もありますし、週3〜4日はジムや公園で運動するようにしています。

始めたばかりの頃の苦労話

常にお金の不安があった事と、自分と向き合う事が大変でした。
自分らしくありたいという理想がありながらも、それを仕事にするためにはダメな自分にもしっかり向き合わなければいけないので、「自分には何ができるだろう?」「自分が本当にしたい事は何だろう?」と考え続けることが大変でした。

仕事中の失敗談と乗り越えたエピソード

「頑張ればできそうな事は、とりあえずやってみる」という感じで、どんどん色んなことに挑戦したので、もちろん失敗する事もありましたね…。
仕事で失敗をして、取引先から仕事を途中で断られた時はすごく反省しましたが、それをきっかけに、仕事内容や作業内容だけでなく「相手はどういう存在を求めているのか?」というイメージを大枠で考えるようになりました。
相手が、全ての工程を丸投げできる存在を求めているのか?一緒に進めるパートナーを求めているのか?によって、振る舞いやコミュニケーションが大きく変わると学びました。

この仕事のやりがい・よかったこと・嬉しかったこと

やはり、相手に喜んでもらえた時です。
あとは露出が増えた事で、学生時代の友人に連絡をもらう事もあって、昔からの知り合いに頑張りを見てもらえるのは嬉しいですね。

この仕事の苦労・大変なこと

自分の提供する価値を、お金に換算する事です。
実は「ホースジャーナリスト」というのは自分で考えた肩書きなので、お手本にする人がおらず、つまりは「相場」がないのです。なので、「自分の仕事にどのくらいの価値があるだろう?」という判断がすごく難しいです。

自分が成長したと感じる時

フリーで活動し始めた時は収入面も精神面も「こんな活動をしています!」と胸を張って言える自信がなくて「今何してるの?」と聞かれるのがすごく怖かったです。結果的に、一時期は人と会うのが億劫になっていたのですが、今では自分の核の部分も定まり「自分は何者か」を説明できるようになったので、人との出会いや会話が楽しくなりました!

仕事を続けるために努力していること

自分に正直にいる事です。

世間にこの仕事をアピールする方法

まずは自分の活動を知ってもらえるように、SNS等で発信する事です。
また、最近はコラボ企画やインタビュー企画で露出を増やす事も考えています。

いつも仕事に持ち歩いているもの

持ち物は、至って普通です(笑)パソコン、スマホ、手帳、充電器、ペン、イヤホン、財布くらいですかね。

仕事とプライベートの両立で工夫していること

好きなことを仕事にするという選択をしてからは、仕事とプライベートの境界線がどんどん曖昧になっていますね〜。ただ仕事のことを考えるのは楽しいので、それはそれで良いかなと思っています!

日常生活で意識していること

食事、運動、睡眠はしっかりとります!

アピールポイントはありますか?

「やりたい事はあるけど、そんな職業・就職先がない」という所からスタートしましたが、諦めずに自分と向き合い続け、自らホースジャーナリストという肩書きを作ってオリジナルの活動を始めた事です!

この仕事以外で最近夢中なこと

海外のスーパーが大好きなんです!
見慣れない現地の料理を食べてみたり、みた事もない野菜に出会ったり、興味本位で現地のお菓子を食べてみたり、海外スーパーは刺激に溢れています!笑

今後挑戦してみたいことは?

私がヨーロッパの色んな国で見てきた海外の馬業界情報を、日本の馬業界に還元したいと思っています。
そのために、もっと馬を身近に感じてもらえるイベントや企画をしたり、現在運営している馬専門のオンラインコミュニティを通して馬の魅力を発信したりという計画をしています!
活動内容

ホースジャーナリストとして活動中!

主に、コミュニティ運営、メディア制作、デザイン、翻訳通訳を行っています。

プロフィール

YURIE KONOこおの ゆりえ

世界を駆けるホースジャーナリスト。福岡県糸島市出身、東京農業大学卒、2017年にヨーロッパ在住。
ヨーロッパにおける馬文化や利活用を取材する傍ら、日本の馬事文化普及のために発信を続けています。
Twitter@yurie_kono

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中