now sara

NOWSARAさくら

モデルとして活躍しているさくらさんにインタビュー

ファッション服飾・カラー
  • 2020.04.01
  • 1,599 views

モデルとして活躍しているさくらさん

フリーモデルとして活躍しているさくらさん。大学生の時にアルバイト感覚で始めたモデルの仕事が楽しくて本業に! 多くの方にカメラの撮影の楽しさを伝えたいと思い、近いうちにカメラの撮影の教室を開講する予定も! 今輝いている女性さくらさんに、モデルとしてのお仕事を詳しく教えてもらいました!

さくらさんへインタビュー

さくらさんへ様々なインタビューを行いました。モデルの仕事について、詳しく知りたい方は必見です!
NOWSARAさくら

簡単な生い立ちをお願いします。

大学生の時にアルバイト感覚でモデルの仕事を始めて、それが今では本職になりました。フリーモデルとして、日本や海外で活動しています。

この仕事・活動を始めたきっかけは何ですか?

モデルのアルバイトの求人を見かけて、これは何だろうと思い、思い切って応募したのがきっかけです。撮影されることが元々好きだったので、好きなことをしながらお小遣い稼ぎできるのはいいなと思って始めました。
NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら

この仕事をするまで、今までどのようなことを積極的に行っていましたか?

ポージング、表情づくりを積極的に練習しました。また、カメラマンさんとコミュニケーションをとって信頼を築くことも大事なので、コミュニケーション力も鍛えました。会話力の向上の勉強もしました。
NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら

仕事内容について教えてください。

アマチュアカメラマンさんの被写体として撮影されることもあれば、アパレル・通販・モデルルーム・PV・ミュージックビデオ等、企業からのお仕事も多く請け負っています。

最初の仕事の思い出は?

最初は、カメラの前に立って、どのようにして表現するかが分からなかったです。ポージングでしたり、表情でしたり、そういったものが全く分かりませんでした。 ポージングの本や動画を、カメラマンさんから提供していただき、一生懸命勉強しました。
NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら

ある1日のスケジュール

モデル業は仕事が入った日は1日撮影というスケジュールになります。仕事が無い日は、空き時間にSNSを投稿したり、自分の美容のためのお手入れをしたり、自撮りをしてどのように写るか研究したりしています。

始めたばかりの頃の苦労話

撮影会もお客様が来ていただくことで収益・利益につながるので、人が集まらない場合は、やはり寂しい思いをすることがあります。また、アパレルの撮影の時は、表情づくりや少しの肌荒れに対しても指摘を受けることが多く、やはりストレスにつながりやすいです。
NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら

仕事中の失敗談と乗り越えたエピソード

人と人との関係が難しいです。カメラマンさんとコミュニケーションが上手くいかず、もう会うことが無いだろうなと思う方もいらっしゃいるので、そうなってしまうと私はとても寂しいです。 そのため、なるべく打ち解けやすい雰囲気づくりを自ら行うことにしています。雰囲気づくりを行うことで、リピートも増えてきて嬉しいです。

この仕事のやりがい・よかったこと・嬉しかったこと

カメラマンさんに綺麗な写真が撮れたと喜んでもらえること、また、私が写った商品が紹介されて、さらにその商品が売れて、使っていただけるというサイクルがとても好きです。モデルの仕事をしていてよかったなと思います。
NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら

この仕事の苦労・大変なこと

一年中通して撮影があるので、真夏でも外に出て撮影しなければいけないし、寒くても外に出て薄着で撮影することも多々あります。それでも、寒いという表情等はしてはいけないので、そこが過酷です。 今はちょうど3月ですが、もう水着の写真は撮影し終わったぐらいの時期です。このように季節を先取りして撮影を行うのが大変です。

自分が成長したと感じる時

カメラマンさんによって、可愛い系が好きな方、かっこいい系が好きな方、美人系が好きな方等、たくさんいらっしゃいますので、その方の好みに合わせて、表情といった色んなパターンをつくれるようになった時です。 モデルの仕事を始めた時から、自分の中で10チャンネルぐらいパターンを作っておきなさいと言われています。パターンをたくさん持っていると仕事の幅も広がります。
NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら

仕事を続けるために努力していること

以前よりも体力がとても必要になったため、ジムに通ったり、家でもトレーニングをしたりしています。自身のためでもあり、仕事のためでもあると思い、けっこうきついですが続けています。

この仕事に対する3つのこだわり

モデル業に関して、下記の3つのこだわりを持っています。 ①疲れをみせないところ ②他の写真と同じポーズにならないようにする ③コミュニケーションをとる
NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら

この仕事をする際に気を付けていること

モデル業に関して、下記の2つに気を付けています。 ①悪い態度をとって印象を悪くさせないようにする ②同じ目線でたつようにする

世間にこの仕事をアピールする方法

SNSををしたり、LINEグループをつくっていつでも撮影を気軽に依頼されるようにしたりしています。Instagramは、写真を毎日1枚は必ず投稿して、ハッシュタグも30個以上、よく閲覧される時間帯に投稿するようにします。このように、たくさんのフォロワーを得るように努力しています。
NOWSARAさくら NOWSARAさくら

いつも仕事に持ち歩いているもの

撮影の時に欠かさず化粧直しをするため、メイク道具は欠かせません。また、カメラマンさんによって、例えば口紅ですと「グロスがよい」でしたり、「マットな口紅がいい」など様々な要望があるので、口紅はいくつか持ち歩いています。 薬も数多く用意しています。撮影の時は、腹痛でも頭痛でも休むことはできないので、さっと薬を飲んで撮影に対応できるようにしています。また、ヒールで撮影することが多く、足を痛めることが多いので、絆創膏も欠かせません。
NOWSARAさくら NOWSARAさくら

仕事とプライベートの両立で工夫している3つのこと

撮影は元々好きなので、お仕事ととして捉えず、趣味の域と思って活動しています。プライベートの写真もInstagramでどんどん載せています。あまり、仕事とプライベートの隔たりが無いです。 会えるアイドルというように、会えるモデル、モデルだけど近い存在というものを目指しています。

日常生活で意識している3つのこと

姿勢を良くすることや、睡眠・食生活に気を遣っています。お酒にも強いので、撮影が終わった後は、一緒にご飯を食べることもあります。夜遅くになるべく食べないようにはしているのですが、お腹が空いて眠れなくなるよりは、何か好きなものを腹八分目ぐらいに食べるようにしています。
NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら

頑張れるモチベーションの見つけ方

撮影していただいた写真の評価がよかったり、SNSですと「いいね」がたくさんついたりすると、とても嬉しいです。そういった嬉しいことが私のモチベーションにつながります。
NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら

アピールポイントはありますか?

表現力には自信があります。また、積極的に話しかける等、コミュニケーション能力もあると思います。

仕事以外で夢中なこと

仕事につながってしまうかもしれないのですが、旅が好きです。旅行中に撮影したり、美味しいものを食べたりします。

今後の目標を教えてください。

自分の写真展や写真集を出したいという夢があります。また、撮影初心者の方向けに、カメラマンさんとタッグを組んでカメラのセミナーを行いたいです。カメラが好きという方の人口を増やしていきたいです。
NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら

今後挑戦してみたいことは?

とても難しいのですが、写真を通して物語をつくりたいと考えています。その写真を見ただけで誰が撮影したのか分かる作品、例えば、蜷川実花さんのような写真等です。

今目指している人に伝えたいこと・応援メッセージ

モデルというとけっこう華やかに聞こえると思うんですが、体力もいるし自分自身を磨き続けなければいけないし、過酷なお仕事でもあります。しかし、モデルになろうと迷っていてならずに後悔するのは勿体ないです。モデルのお仕事は自分自身の成長に必ずつながりますので、辛いこともあると思いますが、モデルになって撮影を楽めるようになるといいと思います。
NOWSARAさくら NOWSARAさくら NOWSARAさくら
活動内容

モデルとして活躍しています。

NOWSARAさくら
NOWSARAさくら
フリーモデルとして、日本や海外で活躍中。 様々な表情づくり、ポージングを学び、飽きさせない撮影を行う。

ナレーターや通訳も行っています!

NOWSARAさくら
NOWSARAさくら
英語通訳やナレーター、アナウンサーとしても活躍しています。

プロフィール

NOWSARAさくら
さくらさくら

フリーモデルとして活躍中。表情づくり、ポージングに長けている。 1時間に1万枚の撮影を行うこともあり、同じ写真にはならないように飽きさせない撮影を心がける。 英語通訳やナレーター、アナウンサーとしても活動する。

会えるモデルを目指す20代女性!モデルとして活躍しているさくらさんにインタビュー

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

NOW SARAの最新情報は、こちらでも配信中